水神を祀る「ガッパ祭」に出現した光の玉/「ムー民広場」出張版

ガッパ祭の日に撮影した光の玉

20160723

投稿者:正康 さん/目撃情報

 

2015年6月20日午後3時ごろ、長崎県対馬市美津島町で行われるガッパ祭の日のことです。

祭の行われる現地は、集落から離れた山間で、通常は地主さんがときおり行くだけの寂しいところです。少し離れて水田があり、水神のガッパ(河童)を祀っていたと思われます。そこにある神社の跡に、区長さんとふたりで行き、薄暗い林の中を撮影しました。

そして、帰宅後に、謎の光の玉が写っていたことに気がつきました。この光の玉は、いったい何なのでしょう。

なお、かつてのガッパ祭では、子供たちの相撲などでにぎわっていましたが、現在では区長さんが神社跡地におむすびを供えて合掌するだけです。

 

★――気づかれていないだけで、お祭りの日にはいつも現れているのかも。河童の頭のお皿みたい……。

 

(月刊「ムー」2016年6月号より転載)

  • 1

関連商品

ムー2016年6月号

ムー2016年6月号

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル