再建された「座敷童子の宿」緑風荘で子供の影が!/読者投稿

祠の横に座敷童子が!!

投稿者:牧原 加奈 さん/不思議な人や場所の紹介

20160909a

20160909b

座敷童子が宿に戻ってきたか興味深々で、胸躍らせながらリニューアルオープンした緑風荘に泊まってきました。

玄関を入って正面左側に槐(えんじゅ)の間があります。以前のように泊まることはできませんが、いつでも入れるのがよかったです。写真を撮っていると「写りました?」と他のお客さんと盛り上がるのも楽しかったです。オーブがちらほら写り、携帯で撮影しているとオーブが移動するのが見えたりして、やはり座敷童子は帰ってきているのだと確信しました。

 

敷地内にある亀麿神社の写真にもオーブが写りました。撮影中ファインダーの中に緑の明るいオーブが右、左と不規則に移動するので何枚か撮ってみましたが、それには写らなかったので、見間違いかしらと思ったのですが、赤い祠の右横に異和感がありました。

そこを拡大してみると深緑のおかっぱの子供らしきものが写っていました。光の加減や塀の木目による偶然の産物かもしれませんが、姿を見せてくれたみたいで、とても感激し興奮しました。

 

食事がお洒落な器に盛られ、量も多くて大満足でした。温泉、お部屋も文句なしです。そしてご当主はじめ皆さん、とても感じが良くて心が和みました。きっと今まで以上に流行り、予約のとれないお宿になることでしょう。

写真を拡大してみると、うっすらと人影のようなものが! 足が消えかけているように見えます。岩手県の緑風荘は2009年に火事で焼失し、今年の5月にリニューアルオープンしたばかり。火事の際、座敷童子を祀った亀麿神社だけが焼失を免れたということですから、座敷童子も宿の再建を待ちに待って、出てきてくれたのでしょう。

20160909e 20160909c

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル