帽子・眼鏡・仮面の夢/夢解き事典

文=藤巻一保

帽子の夢

yume30帽子は
①地位、権力、昇進
②考え、アイデア
③性的行為・交際、男性器
の象徴です。
ただし①は、帽子といっても冠など地位を象徴するようなかぶりものの場合で、一般的な帽子は含みません。
冠をかぶれば吉兆。失くしたり汚したりすれば凶兆になります。
夢としては②、③のほうが一般的です。

●帽子をかぶる
美しい帽子、新しい帽子などなら恋の楽しみ、恋の刺激、もしくは幸運の象徴になり、汚れた帽子、みすぼらしい帽子などの場合は、不満足な恋、期待はずれの恋に内心不服を感じている。また、新しい帽子が、新しい考え、アイデアを意味していることもある。

●帽子を失くす
恋人との離別。男性器を失くすことを婉曲に表現している。あるいは常識的な判断力や思考力を失っていること。

●いろいろな帽子を試している
いろいろな男性を物色していること。あるいは、いろいろな考えを検討していること、検討せよということ。

 

眼鏡の夢

その人の、ものの見方、考え方を表します。裸眼は“物事の本質を洞察する内的な視力”ですが、眼鏡はそれをフォローするものとして現れ、また、目と同じ意味をになう場合もあります。

●眼鏡をかける
物事を正しく認識せよという教え。したがって、実生活ではちぐはぐなことをしている。または不運。

●眼鏡が合わない
別の考え方や態度が必要だという知らせ。見込みは外れる恐れがある。

●眼鏡を買う
新しい考え方や態度についての認識が、無意識レベルで整っていること。境遇の好転。

●眼鏡を失くす
ちぐはぐな考え方をしていること。正しい洞察力や判断力が失われていることへの警告夢。

●眼鏡店に行く・見る
物事を正しく見ることが必要だという忠告。夢主は現在“目が悪くなっている”。つまり“正しい見通し”や“判断”ができていないことへの警告夢。

●虫眼鏡で何かを見ている
慎重な分析、検討が必要だということ。そうでなければ度を越した神経質な態度に対する戒め。

 

仮面の夢

外向けの自分の顔、社会的役割、ペルソナを象徴します。それがこっけいな仮面なら、自分が媚びた態度で周囲と接していることを、恐ろしい仮面なら、高圧的な自分を演出していることを表します。
また、他のバリエーションも、これに準じて類推してください。

●仮面をかぶる
本来の自分を隠していること、あるいは隠そうと努力していることの象徴。

●仮面を脱ぐ
本来の自分を取り戻すこと、あるいはそうしようと努力していること。ただし、性的な象徴の場合もある。好きな異性の前で仮面を脱ぐ夢は、下着を脱ぐこと、すなわちセックスしようとしていることを意味している。

●仮面が脱げない
本来の自分が見失われて、社会の歯車のひとつに過ぎなくなっているという警告。あるいは極度に強い自己規制、硬直した自我。心理的に危機的状況にあることを象徴している。

●仮面をかぶる他者
それが知人なら、その人物の本心・本音をさらけだしていないという無意識的な認識。商売相手なら、契約は慎重にせよという警告。異性なら、安易に関係を深めると痛い目にあう恐れがあることを示している。

 

(「詳細 夢解き事典」より抜粋・加筆修正)

文=藤巻一保

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル