夢は警告する! 神秘の予知夢術入門(3)

文=不二龍彦

病気や障害を告げる予知夢の典型

yotimu7

家族や親族が集まる 身内に何らかの心配事や異変が起こる知らせです。雰囲気が暗く重苦しい、部屋が暗い、はしゃいで大笑いしているなどの場合は特に注意が必要で、病難・不幸の知らせの可能性があります(死の予知夢参照)。親元を離れている人が夢で実家におり、そこに親類縁者たちが集まっているようなら、心配事は実家や親族の身に生じます。

亡くなった親や祖父母が重ねて夢に出る 彼らの表情や雰囲気が暗いか悲しげなら、あなたの身に困難や病気など心配事が生じるおそれがあります。多くは言葉を発しません。彼らの動作や態度、所持物など、細部に注意してください。しばしばそこにメッセージが隠されています。

空が急に暗くなる、黒い雲が群がり起こる 困難や危険が迫っているという知らせです。金銭面や健康面にも赤信号がともるので、浪費や投機、賭け事、不規則な生活、過労などマイナスの生活慣習を改め、堅実第一を心がけないと、大きな困難に見舞われます。縁談は整いません。現在、病気を抱えている人は、にわかに悪化するおそれがあるので要注意です。

地が陥没する、庭に穴ができる、地が割れる 失職、病気、精神的なトラブルなど、心身の危機が迫っているという知らせです。病気の場合は、特に胃など消化器系に注意が必要です。親族の身に起こる深刻な危機が、この夢によって示される場合もあります。そこにいる人物や土地・庭の持ち主、地方などで判断してください。

天(空)から墜ちる 現在の地位・境遇に留まることは困難だという知らせです。傲慢、うぬぼれ、強欲、不正など、必ず思い当たることがあるはずです。それを改めなければ深刻な事態に陥るという、守護霊からの警告です。

激しい風に遭う 心地良い風ではなく、身を切るような寒風、砂石を吹き飛ばす暴風、不気味なうなりをあげる強風などです。これらの夢を見たら、盗難・疾病・突発的な事故などに注意してください。寒風は性にまつわる過ちやトラブルの暗示ともなります。

火事を見る、火事に遭う 一般的な夢占いでは、火事の夢はおおむね吉夢で、特に自分の家から火が出て燃える夢は、幸運・財運を告げる吉兆と解釈します。けれども、予知夢の場合は、深刻で差し迫ったトラブルや危険の知らせとなります。急性で深刻な病気、手術、病勢の急変、家族の身に起きる不幸などに注意すべきです。

道が途切れる、道に迷う、歩いていると暗くなる 道は自分の人生を表します。その道に生じるトラブルは、人生上の深刻な障碍を意味します。特に道が途中で途切れている夢はよくなく、八方塞がりの状況が迫っているか、現在そうした状況にあるという知らせです。救いをもたらしてくれる人物や神使の動物など(幸運・金運の典型夢参照)と出会うか、その姿を見る、先のほうに光が見える、導きの声がするなどの展開があれば、困難のあとに解決の道が開けますが、ただただ途方に暮れているだけなら、状況が好転するまでにかなり時間がかかります。

関連商品

ムー2015年7月号

ムー2015年7月号

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル