パワーストーン効果大事典/冷静さをもたらして憂鬱を解消!?【ラピスラズリ】

文=高橋桐矢

太古から珍重されてきた宝石の中の宝石

パワーストーンの力を得たいなら、その石について知ることが一番の近道です。その石はどんな鉱物で、どんな歴史や伝説を持っていて、どんなふうに愛用されてきたのか―― 石のパワーの秘密を知ることで、その効果をより実感してみてください。

 

ラピスラズリ

青金石・瑠璃/Lapis lazuli(lazurite)

【テーマ】天意・治癒・浄土

【基本データ】
主な原産国:アフガニスタン・アルゼンチン・ロシア/硬度:5~5.5/比重:2.4/結晶系:等軸晶系

ラピスラズリはたぐいまれな青から、「空の石」「星の石」と呼ばれていました。ラピスラズリの冷涼な青が邪心を除き、冷静な心を保つとされています。
宝石言葉は「健康」「愛和」。12月の誕生石となっています。

rapislazuli_web【色と形によるパワーの違い】
濃紺の石は正しい判断力を、黄金色のパイライトの粒が入ったものは豊かさを与えてくれるとされています。

【選ぶときのポイント】
濃紺が均一で金が散っているものが良品。白い部分が多く入ると価値が下がります。

【使い方のヒント】
◎あらゆる害悪から身を守るために ◎知性と判断力を高めたいとき ◎ストレス解消に ○健康と体力増強に

【取り扱い上の注意】
デリケートな石です。熱、水分、酸、アルカリにも弱いので、注意します。

【おすすめの組み合わせ】
+金=最強の護符 金以外はラピスラズリ単体で持つほうがよいとされています。

 

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル