オカルト映像資料! ムー11月号付録DVD特典映像解説

ムー編集部厳選!! 付録DVDでしか見られない貴重映像

ムー11月号の付録DVDにはヒストリーチャンネルの特選映像のほかに、ムー編集部が厳選した「特典映像」も収録されている。そのすべてを解説していこう。

涙を流す聖母マリア像

世界各地にある聖母マリア像やイエス・キリストの像やイコン(聖画)が、突然、涙を流すという現象が報告されている。その中でも有名なものをピックアップ。

・ヒューストンの民家に飾られた涙が流れ出るイエスの聖画    イエス聖油

アメリカ、テキサス州ヒューストンのある民家に飾ってあったイエスの聖画(目)から、突如、水滴が流れ落ちた。この現象は、瞬く間に近隣住民に伝わり、涙を求めて住民が押し寄せた。後日、涙が分析にかけられ、結果「純粋なオリーブ油」だと判明した。だが、件の聖画には油が出るように細工が施された痕がなく、流れ出る原因はわからなかった。

・血の涙を流すボリビアの教会に祀られたイエス像

無題

南アメリカのブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、チリ、ペルーに囲まれた内陸国「ボリビア」のコチャバンバという町の教会に安置されたイエス像が、血と涙を流した。流れた血のサンプルはアメリカとオーストラリアの検査機関に持ち込まれ、徹底的な検証が行われた。その結果、血液は「ヒト型のDNAを配列をもつ血液だ」という結果が双方の機関から出た。問題の血と涙が流れ出る原因については不明。それは、CTスキャンにかけられた像の内部は100パーセント石膏で埋まっていたからである。

・秋田県のカトリック教会に祀られたマリア像の落涙現象

akitamary

秋田県湯沢台にあるカトリック修道会にあるマリア像が奇跡を起こした。それは1973年6月、像の右手の手のひらに、鋭利な十字形の傷が現れ、出血したのだ。これは敬虔なカトリック教徒などに起きる「聖痕現象」と呼ばれるもので、額や手足、または目など、体のいたるところから痛みを伴わない出血が起こる現象である。その後、このマリア像は、同年9月には全身から芳香が漂い、脂汗のようなものが現れた。そして1975年1月、ついに涙を流したのである。それから1984年まで、合計101回もの涙を流したという。ちなみに、手に滲んだ血と、目から零れ落ちた涙を秋田大学法医学部が鑑定したところ、血も涙も間違いなくヒトのものであり、血液型はB型だということが判明している。現在、この現象は起きていないようだ。

以上、3つをDVDには収録してある。実際に流れ落ちる瞬間を捉えた奇跡の映像は必見である。

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル