アンデス・アマゾンの自然を捉えた写真家--高野潤を偲ぶ写真展

ペルー大使館にて開催

「ムー」でも実に1982年から、アンデス・アマゾンの生き生きとした情景を伝えていただいた写真家の故高野潤氏の作品展がペルー大使館で開催される。

会場では、アンデス・アマゾンの自然とそこに暮らす人々を温かい目で捉えた高野氏の作品30点が展示される。ぜひご来場いただきたい。

machupichu_takanojun

高野 潤を偲ぶ写真展

●期間:2017年1月25日(水)~2月4日(土)/入場無料

●開館時間:月~木・土11:00~17:00/金11:00~20:00/日祝閉館

●場所:ペルー大使館視聴覚室『マチュ・ピチュ』

150-0012 東京都渋谷区広尾2-3-1

 

・主催:ペルー大使館  共催:日本ラテンアメリカ文化交流協会/高野潤を偲ぶ会

・後援:ラテンアメリカ協会、日本ボリビア協会、日本写真家協会、アンデス文明研究会、中央公論社、新潮社、平凡社

・協力:たばこと塩の博物館、日本ペルー協会、天野博物館友の会、理論社

 

振り返れば、「ムー」本誌では、実に1982年11月号を最初に、2016年10月号にいたるまで、南米紀行を誌面を通じて届けていただきました。あらためて、ご冥福をお祈りします。

mu198211takano

(「ムー」1982年11月号より)

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル