水木しげるの軌跡を辿る! 「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」開催

少年期の習作や戦地のスケッチも

2015年11月30日に「あの世」へと旅立った漫画家・水木しげる先生の展覧会が東京の松屋銀座店で開催される。

mizukijinsei01
水木しげるとその作品たち1 2010年頃

「追悼水木しげるゲゲゲの人生展」

会期:2017年3月8日(水)~3月20日(祝・月)会期中無休

会場:松屋銀座8階イベントスクエア

時間:10時~20時(入場は閉場の30分前まで。最終日は17時閉場)

主催:朝日新聞社   企画協力:水木プロダクション

入場料(前売り):一般1,000円(700円)、高校生700円(500円)、中学生500円(400円)、小学生300円

前売り:ヤフーパスマーケット、セブンイレブン、ローソンチケット(Lコード33516)、チケットぴあ(Pコード768-114)にて3月7日(火)まで販売

問合せ:松屋銀座03-3567-1211(大代表)

展覧会公式サイト:http://mizuki-ten.jp

©水木プロダクション

「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」「河童の三平」など日本に妖怪文化を広めた作品はもちろん、少年期の習作、戦地で描いたスケッチ、貸本時代からの貴重な漫画や妖怪画の原稿など130点以上や資料、計約350点が一堂に展示される。

mizukijinsei03
スケッチ 自宅付近 1946年頃
mizukijinsei02
貸本漫画 墓場鬼太郎「怪奇一番勝負」1962年頃

 

ムーPLUS読者向けの招待券のプレゼント企画もあるので、ぜひ、会場へお立ち寄りいただきたい。

プレゼント応募要領

「追悼水木しげるゲゲゲの人生展」招待券 5組10名様

応募先:ハガキに、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記し、下記へご応募ください。

〒104-0061中央区銀座3-13-2登栄東銀座ビル5階 ゲゲゲの人生展 ムー 係

応募締切:2017年2月24日(金)必着(当選発表は賞品の発送をもって替えさせていただきます。応募先で抽選のうえ、当選者に直接発送します。

※応募者・当選者のデータは、抽選・発送後に、契約業者によって溶解処理をしております。

 

mizukijinsei06
「思い」1936年
mizukijinsei08
紙芝居「ダイラ」1953~1956年頃
mizukijinsei07
バナナを食べる水木夫妻 1989年頃
mizukijinsei04
『週刊少年サンデー』版「河童の三平」連載5回目扉絵 1968年頃
mizukijinsei05
「一反木綿」 1991年頃

 

©水木プロダクション

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル