ムー編集長は「ならず道」を往く怪人!? カメントツ漫画に出演

「ただならぬ」男、三上!

 

2016年9月、ルポ漫画家のカメントツさんの取材を受けた「ムー」。テレビのバラエティ番組では時折ニコヤカに、2.5枚目の表情も見せる三上編集長だが、カメントツさんは、その本質たる「怪人」ぶりを見抜いていた。

 

カメントツ・著

 

そのときの取材エピソードも含めた単行本「カメントツの漫画ならず道」が刊行されるので、ぜひ怪人ぶりをご覧いただきたい。

連載は継続しており、続刊の予定も当然ある。そして同日に「カメントツのルポ漫画地獄」も刊行されるというのだ。

 

大手出版社から2冊同時刊行……カメントツさん、おめでとうございます!

 

ここで改めて強調しておきたいのは、カメントツさんのブレイクに「ムー」の存在が、何かしらグッドな方向に作用した、という事実だ。

「ムー」取材後も、レジェンド漫画家さんへの取材が決まり、連載に弾みがついたといえはしないか。

カメントツさんの事例を受けて、

「ムーと関わるといいことがある」都市伝説が生まれる……かもしれない。座敷童子や小さいおじさんのような。

開運伝説の当事者として、カメントツさんの今後に注目していきたい。

 

 

kmntweb

「カメントツの漫画ならず道」1巻

「カメントツのルポ漫画地獄」

カメントツ・著/小学館/各本体741円+税

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル