「創刊40周年記念 ムー展」続報! いよいよ〝謎そのもの〟登場!!

池袋パルコミュージアムに世界の謎が集う

 

創刊39周年の2018年10月をきっかけに40周年へのステップとなる「ムー展」の開催が、いよいよ来週、10月12日に迫る。

開催概要は先日にご案内したが、今回は会場で極秘公開される「世界の謎」についてお知らせしよう。

 

そのひとつが……これだ。

urispoon

世界最強の超能力者が曲げたスプーンの現物である。

2014年にテレビ番組が企画した来日企画での取材現場で、編集部員が持ち込んだスプーンを曲げてもらったのだ。スプーンを手に取り、目の前で「スプーンの柄が反りかえっていく」光景を見せつけ、サラサラとサインする。30秒ほどの間の顛末の結果がこれだ。

ほかにも「UFO現場の調査に必須の測定器」「北米の大型獣人の痕跡」「インドの聖人にまつわる神聖物」「日本古来の神獣のミイラ」が展示される。

ミステリー事件の物的証拠がこれほど集まる機会はそうそうない。

 

 

「ムー」の軌跡と未来を公開

 

「ムー展」では、創刊当初から「世界の謎と不思議に挑戦する」というテーマを掲げてきた「ムー」の歴史を、誌面で振り返ることができるコーナーも準備中だ。

70年代の超常現象ブームのレジェンドたちがにぎわせた保存版特集、現地取材を敢行したUFO企画、超能力実験、未確認動物やオーパーツ、そして世界を騒然とさせた滅亡予言まで……。

誌面から、「ムー」が世界と歩んできた時代に再開できるだろう。

mutenkiji

創刊号はもちろん、実は2種類ある創刊準備号や、幻のLPレコード、懐かしの付録など、レアもの、珍品の登場にもご期待いただきたい。

 

まだまだ隠されている企画が……

このほかに、以下の企画も準備している。

  1. 生賴範義氏のカバーアート原画
  2. ムー編集部の内部に潜入!?
  3. 「ムー」的ライブラリー
  4. 超常現象の一部になれるフォトスポット
  5. 超常現象界、芸能界、宇宙から「ムー」へのメッセージ

 

ここを見ている「ムー民」諸君は、何が気になるだろうか? 2番目の「ムー編集部内部」では、名物編集長の秘密も明らかに……なるかもしれない(本人と調整中)。

また、期間中は、編集長をはじめムー的ゲストを招いたトークイベントを予定。詳細は決まり次第、ご案内しよう。

 

 

会場内には「読むもの」がたくさんあり、「ムー」としても過去最大ボリュームのイベントとなっている。できれば、二度三度と足を運んでいただきたい。

 

mu40th_WEB

創刊40周年記念 ムー展

開 催 日 :2018年10月12日(金)~29日(月)

開場時間:10:00~21:00 *最終日は18:00閉場 *入場は閉場の30分前まで

会      場:池袋パルコ本館7階「PARCO MUSEUM」

入 場 料 :一般700円、学生600円、小学生以下無料

*「ムー」特派記者カードをお持ちのご本人様は入場無料!(他割引サービスとの併用不可)

主      催:パルコ 監修協力:学研プラス 企画制作:松竹

 

●今後の開催会場は、決定後改めてお知らせいたします。

 

ちなみに、既報の通り、「ムー特派記者」カードを持っている本人は入場無料である。

mupresscard

 

mu40th_topslide

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル