ブラジルの悪魔!? バイーア・ビースト

文=並木伸一郎

ブラジルの山中に現れた異形の怪物

バヒィーヤビースト愛キャッチ用

  • 生態データ
  • 目撃場所・棲息地=ブラジル、バイーア州の山中
  • 推定体長=1・5~2メートル?
  • 外見の特徴=体色が黒いヒト型の生物。頭部に2本の大きな角が生えている
  • 性格=臆病?ブラジルの北東部、大西洋岸にある港湾都市バイーア州に、悪魔のような姿をした怪人が潜む、という噂が流布している。
    2007年7月、アメリカのミシガン州から観光ツアーで、同州都サルヴァドール市のポルト・セグーロ訪れた15歳の少女が、森林浴を楽しんでいたときのことだ。ふと川べりに、黒い“何か”がうごめいていることに気づいた。
    一見、人間のようだが、筋骨隆々の全身に衣服はまとっておらず、黒光りしている。手には赤ん坊とも大型の魚ともつかない物を抱えており、頭部に目を移すと、なんと2本の角のようなものが生えている。少女はギョッとしたが、急いで手にしていたカメラに手をのばした。
    写真を見ると、遠くから慌ててシャッターが切られたこともあり、画像は鮮明ではない。それでも確かに恐ろしい悪魔のような顔をした怪人が確認できる。人の気配に気づいたのか、怪人はすぐに姿をくらました。その後、現地では大きな話題になり、怪人をひと目見ようと野次馬が押しかけたが、恐れをなしたのか、再び出現しなかった。
    怪人の存在を証明するのは少女が写した、たった1枚の写真だけ。怪人の正体や行方は、謎に包まれている。

 

文=並木伸一郎

  • 1

関連商品

ヴィジュアル版UMA生態図鑑

ヴィジュアル版UMA生態図鑑

並木伸一郎(著)

価格:626円
発行:学研パブリッシング
発売日:2014年9月22日

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル