平成UMAと「ファンシー絵みやげ」~北国の和製ネッシー編

文・写真=山下メロ

平成のファンシー絵みやげ

 

みなさんは平成のオカルトブームをおぼえていますでしょうか。令和の時代となり、ずっとそばにいた平成が、だんだんと懐かしいものになってまいりました。

昭和の終わりごろから平成初期にかけて日本全国の観光地を席巻していたものがあります。それが「ファンシー絵みやげ」です。

 

20190924ho1

 

「ファンシー絵みやげ」は1980年代から1990年代にかけて、日本中の観光地や温泉、スキー場などの土産店や観光施設の売店などで売られていた子ども向け雑貨みやげの総称です。

バブルが崩壊した1990年代半ばからだんだんと姿を消し、現在では見つけることが困難となっており、私、山下メロはその保護活動を行っています。

 

 

北国の和製ネッシーたち

 

平成バブル時代になっても、なぜか昭和にブームとなったUMAがイキイキと躍動している場所がありました。それは、そのUMAに関連する観光地の土産店です。全盛期を迎えていたファンシー絵みやげのキャラクターとして復活していたのです。その足跡をたどっていきましょう。今回は前回の本栖湖の和製ネッシー「モッシー」に続き、北海道の和製ネッシーを紹介します。

 

webnesshi

 

ネッシーとは、スコットランドにあるグレートブリテン島最大の淡水湖・ネス湖で発見された大型の未確認生物の通称。700年ごろの記録にも登場しており、昔から目撃され続けているUMAです。1900年代になって増加した目撃証言や写真、映像によると首長竜のような大型生物だとされています。

 

日本では1970年代ごろにテレビや雑誌で紹介され、人気を博しました。そして、それまで同じように日本の湖で目撃されていた未確認生物が、「ネス湖のネッシー」と同じように、「池田湖のイッシー」「屈斜路湖のクッシー」など、「湖の1文字目+ッシー」という法則に従って名付けられるようになりました。

 

20190924ho4

 

さらに、もともと目撃されていた湖以外にも目撃報告が出たり、捜索したりと波及していき、あまりの人気の過熱ぶりに話題づくりの捏造が疑わしいほどでした。その真偽はさておき、そのブームも沈静化した1980年代以降はだんだんと忘れられていきます。

 

しかし、その頃の観光地には「ファンシー絵みやげ」が増殖していました。忘れられ、池の底で静かに過ごしていた和製ネッシーたちも、観光地で売る商品のモチーフとして再度引っぱり出されたのです。

 

まずは北海道西部にある洞爺湖から。こちらは周辺に洞爺湖温泉が形成されています。洞爺湖にはクッシーよりマイナーですがトッシーというUMAの目撃情報がありました。

 

20191001ho1

 

こちらは洞爺駅のホームですが左下の立て看板の竜は、ひょっとして早速トッシーなのでしょうか。かつて洞爺湖温泉の名物・わかさいもに「週刊わかさいも」といったミニ冊子が入っていたようで、そこでもトッシーに関する言及があります。

 

 

20191001ho2

 

こちらが「週刊わかさいも」。実際に売られていた雑誌ではなく、お菓子の箱についていた説明の冊子のようです。

 

20191001ho3

 

黒い……というだけで形などには言及がなく、ここでは「?」の形で表されています。トッシーはどんな形をしているのでしょうか。

 

20191001ho4

 

洞爺湖の名前が入ったこのようなファンシー絵みやげキーホルダーもあります。かわいくデフォルメされたヒグマのキャラクターが大きな魚を引きずっています。もしトッシーに怪魚説があるのなら、これもトッシーをモチーフにしているのかもしれません。

 

20191001ho5

 

こちらは洞爺湖の近くで見かけたファンシー絵みやげ・ぬいぐるみです。上段にある紫色の怪獣のタグを見ると、なんとトッシーと書かれているのです。

 

20191001ho6

 

口から火みたいなのを吐いてますし、完全にゴジラのように描かれています。湖なので首長竜タイプが多いはずですが、海から陸に上がってくるイメージのあるゴジラの影響か、ティラノサウルスのような描き方が多いです。

さて、では洞爺湖からだいぶ東にある屈斜路湖を見てみましょう。

 

20191001ho7
屈斜路湖ではクッシーというネッシータイプのUMAが多数目撃されていて、クッシーがファンシー絵みやげのモチーフになっています。

 

20191001ho8

 

ステッカーには「I LOVE くっしぃ」と、ひらがなづかいのかわいい手書き文字で書かれています。クッシー自体はまさに首長竜タイプで全身黄色ですね。上のキーホルダーも黄色いボディですが、こちらはティラノサウルスのようなスタイルで、赤い蝶ネクタイがオシャレです。

下のキーホルダーは湖の形のメタルキーホルダーですが、リアルタッチではなく漫画風のクッシーが描かれております。

そして、当時女児向け玩具として流行していたシルバニアファミリー風のフロッキー加工を施した人形がファンシー絵みやげには多くありました。

 

20191001ho9

 

クッシーとはどこにも書かれていませんが、地名として「kussharoko 砂湯」とタグに表記されているため、クッシーを表していることは間違いないでしょう。こちらもまさにゴジラ的なフォルムを持ったキャラクターで、UMAですから確証のある写真などが見つかっていません。

このキャラクターのブレから、いかにUMAがUMAらしかったかということをうかがい知ることができるのです。

では、最後に、こちらをご覧ください。

 

20191001ho10

 

屈斜路湖で雪壁の奥に、何やら気になる看板がありました。

近づいてみますと……

 

20191001ho11

 

こういった交通安全ポスターに登場するほどクッシーが地域の人に愛されているということが分かりました。

しかし……

これが今まで一番ゴジラっぽいですね……。

 

では、また次回。

文・写真=山下メロ

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル