マッハ1で飛行する六角形UFOをSID-1が撮影!

文・写真=北島弘(宇宙現象観測所センター SPOC)

SID-1が捉えた飛行物体

神奈川県横浜市みなとみらいで東の方角、米海軍基地の上空、かなりの距離があると思われるが、UAP(Unidentified Aerial Phenomena =未確認空中現象)が撮影できた。筆者の宇宙現象観測所センター (SPOC)が擁する自動観測撮影装置ロボット SID-1が捉えた“UFO”だ。

SID-1が捉えた方向。神奈川県横浜市みなとみらい。

2017年12月23日10時31分59秒から録画開始。その日は快晴で視程30キロ、気温セ氏8.6度で北北東の風、風速1.6メートルであった。

 

このUFOは南から北へ移動していた。風向きとは真逆の方向なので、漂っている風船とかゴミとか気球とか凧ではないことがわかる。

 

また、拡大し、画像処理してみた結果、その形状から見てもヘリとか航空機やオスプレイなどではない。また、翼や足、プロペラなど人工物が確認できないので鳥でもドローンでもない。

 

 

動画を見ると、この物体の進行方向前面にまるで超音速で飛行する航空機に発生する円錐形の衝撃波(マッハコーン)が認められる。空気を切り裂いて高速で飛行しているように見える。超音速飛行の際の戦闘機の衝撃波の映像に似ているのだ。

かなりの距離であると仮定し、超音速の衝撃波だとすると、この物体の移動速度は少なくとも、マッハ1(時速1,224キロ)以上と思われる。

 

だが、本当に不思議なのはこのUFOの形状だ。ありえない形なのだ。

SID-1が捉えたみなとみらい上空のUFO。

 

一般的な航空機の場合は、主要素材であるアルミニウム合金の場合はセ氏155度が強度的な限界温度であり、融点はセ氏660度前後。ジュラルミンの融点はセ氏650度である。速度が増すほどに空気の圧縮熱や摩擦熱など、いわゆる熱の壁に機体はさらされるので、航空機は細長い流線形に設計される。

ところが驚くことにこのUFOは「六角ボルトの平べったい頭」のような形状で、このまま高速飛行すれば空気抵抗や熱を激しく受けてしまう。空気抵抗や空気圧力をまったく無視したその形状で音速を突破したら、その熱と衝撃波で空中分解してバラバラになるはずだ。

しかし驚くことにこの謎の物体は平然と飛びつづけているのだ。

 

拡大、画像処理で輪郭及び形状をはっきりさせた。
六角の平らな先頭部分と衝撃波を赤線で表示した。

 

この大変特殊な形状のUAP、UFOは今までにSID-1で捉えたことがなかった。

当時の風向きとは真逆の方向に飛行していたので、ひもの切れた凧でも、気球でも、風船でもない。もちろん鳥や飛行船やヘリコプターやドローンでもない。

その形状は超音速飛行ではありえない形をしており、地球製の航空機ではない。

これらのことから幾何学的な形状の驚異のUFOと認定していいだろう。

文・写真=北島弘(宇宙現象観測所センター SPOC)

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル