河川UMA 岩手編! 平成UMAと「ファンシー絵みやげ」

文・写真=山下メロ

地方キャラの元祖「河童」

 

イッシー、クッシーなどの湖沼UMA、人魚や海坊主などの海洋UMA……とくれば、次は河川で目撃されたUMAでしょう。日本の河川UMAとしては、河童が有名です。

 

『水虎十弐品之圖』には多彩な河童の姿が描かれている。(国立国会図書館蔵)

 

河童(カッパ)は、頭に皿を持ち、亀のような甲羅と、水かきのある手足、嘴のような口……といった姿で描かれます。河童は妖怪として語られることも多いのですが、実際には目撃談も多数あるのです。

 

岩手県遠野市には河童の顔ハメ看板があります。遠野の河童は赤いのが特徴なので、左は赤……いやピンク。右は緑になっちゃってます。

 

いたるところに河童が使われています。ちゃんと赤い……いやピンク。

 

遠野市の公式キャラクターもカッパの「カ」と、旧・遠野市の花リンドウの「リン」を組み合わせた名前」の「カリンちゃん」という河童モチーフ。しかし、もともとはファンシー絵みやげキーホルダーなどで使われていました。

 

カリンちゃんは遠野のキャラなのに緑色……ただし「くるりんちゃん」という赤……いやピンクの女の子キャラが後に生まれました。

 

もともとこのイラストのようにリンドウの花を持っていて、背景は南部曲り家でしたが、2005年に旧・宮守村との合併があり、旧・宮森村の花・ヤマユリが遠野市の花となり、現在ではヤマユリ持っていて、背景はSLがメガネ橋を渡っているイラストに変わっています。

 

他にも、かつて売られていたファンシー絵みやげのキーホルダーを見てみましょう。

 

 

遠野だけでこれだけ見つかっています。実際にはもっともっとあったことでしょう。かつてのカリンちゃんも、いろんなタイプのキーホルダー展開をしていたことがわかります。しかし、どれも緑色です。他の地域の河童イラストを流用してしまったのでしょうか……。

 

 

遠野で有名な河童スポットは「かっぱ渕」でしょう。

 

 

常堅寺の奥へ進むと……

 

 

かっぱ渕橋を越ると……

 

 

「かっぱ渕」にたどり着きました。遠野市はカッパ捕獲許可証を発行するなど「河童による町おこし」に意欲的に取り組んでいます。その重要な場所が、盛岡バスセンターの2階でした。その重要な場所が、かっぱ渕でした。しかし辺りを見回しても河童が見当たりません。

 

かっぱ渕に置かれた河童の像。塗装がかなり落ちているようですが、顔のあたりにほんのり赤銅色が残っています。

 

唐突に「この先にかっぱさんは居ないようです」という表記。そこまで河童の生態を把握できているのでしょうか。

 

「まぶりっと(守人)」による手書きの注意喚起もあります。

 

しかし、かっぱそのものは、まったく見つかりませんでした。

 

 

れでも、ファンシー絵みやげの捕獲には成功しました。カリンちゃんの星型キーホルダーは、なんと現地で購入できたのです。緑色ですが。

 

 

ある意味「未確認観光地みやげ」になりかけているほどに見つからないファンシー絵みやげ。UMAを探すような気分で探してみてはどうでしょうか。

 

 

では、また次回。

 

 

文・写真=山下メロ

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル