しっぽり温泉! 青森の河童編 平成UMAと「ファンシー絵みやげ」

文・写真=山下メロ

かっぱ天国で出会った手がかり

 

前回はこちら

 

河童の情報を求めていた我々調査班は、とある筋からの情報をもとに神奈川県は箱根湯本駅前にある「かっぱ天国」という露天風呂へと向かったのです。

 

 

箱根湯本駅すぐ目の前にある「かっぱ天国」。どうも居酒屋の看板風です。さらに奥へ行ってみましょう。

 

 

露天風呂の文字。右にあるフロント案内看板にも「KAPPA TENGOKU」とローマ字日本語表記があります。これはファンシー絵みやげ的にも期待が高まるところです。

 

ということで、さっそく露天風呂でひとっ風呂浴びたあとで、驚きの光景に出会いました。

 

 

なんと、壁にある棚に、ぎっしりと河童アイテムがディスプレイされています。ここ「かっぱ天国」の店主は無類の河童マニアなのでしょうか。ここで思わぬ出会いがありました。

 

 

棚の上にある河童のぬいぐるみを見ると、前かけをしています。そこに書かれた文字が「飛騨」と「古牧」なのです。古牧……確かに青森県・古牧温泉のファンシー絵みやげに河童のモチーフが描かれているのを見たことがあります。

 

それがこちらです。

 

 

かわいいブルーの河童です。ピンク色の魚をぶら下げており、そこに「古牧温泉」と名入れがされています。しかし、なぜ古牧温泉で河童なのでしょうか。さらに他のキーホルダーも見てみましょう。

 

 

いずれも同じイラストですが、方位磁針つき、ロケット付き、鈴つきとそれぞれ形態が異なります。そして背景には特徴的な建物……と……噴水のある池……。

 

これはまさに古牧温泉だけのイラストになっているのです。

 

 

古牧温泉は巨大な敷地面積を持つ温泉リゾート施設。温泉だけでなくホテルやプールなどを内包するひとつの大きな温泉レジャー施設なのです。その中には古牧温泉渋沢公園という場所があり、そこに「かっぱ沼」があります。

なぜ河童なのかというと、この「かっぱ沼」。そしてその噴水。さらに南部曲家や旧渋沢邸など歴史的建造物もあるため、それらをわざわざイラストに描いてあるのです。まさに、古牧温泉でしか売ることができない河童モチーフのファンシー絵みやげというわけです。

 

さらに敷地内には岡本太郎記念公園もあり、太郎カッパ神像という重要な河童キャラクターに会うことができる。

 

 

もはや、これまでのファンシー絵みやげの河童が霞むほどに先鋭的な表現!

こんな風に河童を表現することもできるのですね……・

 

ちなみに小牧温泉でなく古牧温泉です。

小牧市は愛知県……。

 

 

では、また次回!

文・写真=山下メロ

  • 1

この記事と同じトピックを探す

関連記事

編集部おすすめ

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  • トータル