note民のムー

3
記事

どうやら私は遭遇してしまったようです

うわっぁああ!! ……すみません。ちょっと取り乱してしまいました。 実はつい先ほど、どの...

我々の青春の一ページ、スーパーミステリーマガジン『ムー』が満を持してnoteに参戦。😲
本書と出会わなければ、ルーンやエノク語を知ることも、1998年に拙作『ノートワールドサーガ』を企画することもなかっただろう。😔

ムーPLUS https://note.com/muplus