見出し画像

スリランカの”エイリアン・マウンテン”で発見されたバインドルーンの謎/遠野そら・MYSTERYPRESS

世界の超常現象ニュースをお届けする本コーナー。今回は、スリランカのUFOスポット”エイリアン・マウンテン”で発見されたルーン文字について。古代に宇宙とつながりをもっていた文明の痕跡なのか…?

文=遠野そら #MYSTERYPRESS

失われた天文学進法と謎のルーン

 スリランカ・ポロンナルワ地区の聖地「ダニガラ山(Mount Danigala)」で、推定紀元前4500-5000年前のものと思われるペトログリフが発見された。
 発見されたのは長さ7.5m、高さ5m程の洞窟の中。そこには動物や植物、武器を持つ人々の姿などの他に、「バインドルーン(バインディングルーン)」と呼ばれる、古代ルーンを組み合わせたシンボルがびっしりと壁一面に描かれていたのだ。

 発見した南アジア宇宙生物学・地球科学研究チームによると、これらはスリランカ史上、最も古いペトログリフである可能性が非常に高いという。それだけでも当時の民族文化を解明する貴重な発見であることは間違いない。だが、彼らの解析の結果、発見されたバインドルーンのいくつかが『a lost astronomical counting system(失われた天文学進法)』を示す古代の天文コードである可能性があると発表されたのだ。

 現在、ダニガラ山には70以上の洞窟があると言われているが、今回ペトログリフが発見された洞窟の近くでも約700年前のもの思われる巨大涅槃像が発見されており、このことからもダニガラ山は古くから信仰を集めていた場所だったのだろう。現在は仏教寺院が管理する、まさに“聖なる山”なのだが、なんとこの山には他にもある伝説があるのだ。

エイリアン・マウンテン

 それは“ダニガラ山の頂上はインド神話に登場する飛行機『Dandu Monara』のスターゲイトであった”というもの。
『Dandu Monara』は叙事詩「ラーマーヤナ」に登場する魔人「ラーヴァナ」使用していたとされる伝説の飛行機である。ダニガラ山の頂上にはなぜかこの地に生息していない植物がぐるりと円形状に生えているのだが、この場所こそが『Dandu Monara』の着陸痕だと言われている。

 さらにダニガラ山は今なおUFOや宇宙人の目撃情報が絶えないスリランカでも有名な”ホットスポット”であることから、地元では通称「エイリアン・マウンテン」と呼ばれているのだ。

 つまり、このバインドルーンが『a lost astronomical counting system(失われた天文学進法)』であったとしたら、この地とエイリアンテクノロジーの何らかの繋がりを示唆するものではないだろうか。

 今回発見されたバインドルーンは、今まで出土したことがない組み合わせであり、研究者らも解析に頭を抱えているそうだ。完全な解読にはまだ時間がかかりそうだが、さらなる続報に期待したい。


★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
5
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ちょっとムーでも読んでいきなよ
ちょっとムーでも読んでいきなよ
  • 271本

ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、有料マガジン「ムーCLUB」向けの記事をこちらに移しています。購読者様は広い心でムー民、ムーCLUBメンバーの拡大を歓迎してください*