見出し画像

ロシア版エルバッキーか!? タタールスタンで”翼猫”を発見/遠野そら・MYSTERY HOT PRESS

19世紀から記録がある「翼のある猫」が発見された。東欧のタタールスタン共和国で話題のこの個体は、年齢からして病気などの可能性は低いという。もしや神や異星人がもたらしたUMAなのか?

文=遠野そら

タタールスタンの「翼の生えたヒョウ」

 どこから見ても猫。でもただの猫じゃない。”翼の生えた猫”がタタールスタン共和国で発見された!

 地元ではタタールスタンの国章である“翼の生えたヒョウ”(下記)になぞらえ、「伝説のヒョウが猫の姿になって現れた!」と、ちょっとした騒動になっている。

タタールスタン翼猫と紋章

 公開された動画を観ると「ヒョウ」というにはあまりにも可愛らしい薄茶色の猫が、フワフワした毛に覆われた背中を触診されている様子が映っている。確かに猫の肩甲骨のあたりには翼のようなものが生えており、獣医は「これは…翼か!?」と驚きを隠せない様子。看護師にいたっては「見て! 目が虎みたい!」と興奮した様子で話しているが、猫は至って冷静で、最後は、長い尻尾をピンと伸ばし獣医の手をすり抜けていく。

 長年、”翼の生えた猫”を研究しているサラ・ハートウェル獣医博士は、これらの要因として、「猫皮膚無力症」という皮膚が異常に伸長する病気である可能性が高いと語っており、背中に伸びた皮膚が集まることで、翼のようなひだが形成されたのではないか、と推測している。

 だが、生物学者のマルケンコ氏は、この猫に病気的な異常はないと断言している。その理由として、突然変異種や猫皮膚無力病を患った猫は生物学的に短命であるのに対し、この猫は「正確な年齢まではわからないまでも、猫の平均寿命を考えると、この猫は驚くほど高齢である」と語っている。
 そのため「コウモリや鳥とのハイブリッド猫では?」「これは神が遣わした生命体だ!」など、UMA=翼猫説も含めて様々な憶測が飛び交っているのだ。

地球外から来たエルバッキーか!?

 実は日本でも1981年に猫に酷似した謎の生命体が発見されているのはご存知だろうか。長い毛足に大きな尻尾、そして光る目が特徴の「エルバッキー」というネコ型宇宙生命体である。アンドロメダ星から来たというエルバッキーは、地球破壊の恐れがある核兵器や有害物質の調査を行っており、日本では横浜の他、栃木県日光、秋田県湯沢で3匹が放たれているという……。

 このタタールスタンの翼猫は神の遣い=エルバッキー種なのだろうか。エルバッキーはかつて日本各地で調査活動を行っているとされたが、ロシアやタタールスタン共和国で任務にあたっている調査員がいたのなら、その調査活動はすでに40年近くにおよび、かつ世界規模だということになる。
 これまで報告されてきた翼猫や猫皮膚無力症の猫たち、そしてあなたの身近にいる愛猫が、エルバッキーである可能性も十分にあるのだ。見た目はネコそのものらしいので発見が難しいかもしれないが、「もしかして…」と思ったときは、ぜひご一報頂きたい。


★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
20
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

この記事が入っているマガジン

ちょっとムーでも読んでいきなよ
ちょっとムーでも読んでいきなよ
  • 161本

ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、有料マガジン「ムーCLUB」向けの記事をこちらに移しています。購読者様は広い心でムー民、ムーCLUBメンバーの拡大を歓迎してください*