見出し画像

超能力者・秋山眞人のUFO遭遇体験と”思念でUFOを呼ぶ”実践レッスン/秋山眞人

UFOを見たいと願う人、必読! UFOコンタクティにして超能力者の秋山眞人氏による、UFOを呼ぶ実践的手法を紹介する。UFOは怖ろしい存在ではなく、遭遇すれば極上の幸福感を得られるというーー。

文=秋山眞人

UFOはテレパシーに応える

 1958年、アメリカのレイ&レクス・スタンフォードという双子の兄弟が、著書『ルック・アップ』で”テレパシーによってUFOが呼べる”ことを世界で最初に取り上げた。彼らは、いわゆるニューエイジ系コンタクティの先駆けである。
 この本によると、スタンフォード兄弟は地元郊外の海岸でUFOを呼ぶためのテレパシー実験をしたという。すると巨大なUFOが飛来した。このとき、タイミングよく居合わせた湾岸警備の警察官が一緒に目撃している。その警察官は宣誓書付きの目撃情報を書き残している。
 テレパシーによってUFOを呼べることが、第三者によって証言された非常に珍しい例だ。
 この一件以来、アメリカではUFOとテレパシーで交信する事例が数多く報告されるようになった。

画像1

 このような紹介をすると、UFOを批判的・否定的に考える人から「タクシーじゃあるまいし、呼んだからといって出てくるわけがないだろう」と反論されるのが常だ。

 しかし、UFOが宇宙空間を飛び回っているにもかかわらず、地球上でUFO同士の通信が傍受されないのだから、彼らが電波によらない通信手段を使っているとしか考えられない。ならば、まったく未知の情報伝達手段か、テレパシーを使っているのだろう。筆者はそれらを半々に使っていると推測している。
 異星人はテレパシーを当たり前のように使って意思疎通しているのだから、離れたところにいるわれわれの呼びかけにも、それがピントを外していないかぎり、あるいは目的を外していないかぎり、応答するーーということが考えられる。

 日本でも1960年代にはCBAというグループがUFOを呼ぶ実験をしばしば行い、話題となった。彼らが実践したのは、5~7人で輪になって「ベントラ、ベントラ」と唱えるという方法だった。当時、CBAの機関誌にはこの呼びかけで大量のUFOが出現したという記事が数多く掲載されていた。
「ベントラ」とはアメリカのジョージ・ハント・ウィリアムソンの主張によれば、地球人向けの宇宙語で「宇宙船」を意味するという。UFOとつながりやすいマントラのようなものだ。

少年時代に「UFOを呼べた」体験談

 ここで、筆者自身の経験を少し、語ってみたい。
 筆者が初めてUFOとのコンタクトに成功したのは、1974年、中学2年生のときだ。当時筆者は、静岡県の都市部から郊外の学校へ転校したばかりで、「街から来たヤツ」と見られて寂しい思いをしていた。
 そんなとき、何かの本で宇宙についての記事を読み、自分の気持ちを宇宙に向かって訴えてみたいと、強く思ったのである。

 その日から毎晩欠かさず、自宅の2階にある自室の窓を開け、夜空に向かって、だいたい次のような思念を送っていた。

「異星人の皆様、もしそこにいるならば、そして、この小さな地球という惑星で暮らしている私のような人間をわかってくださる方がいるなら、どうか反応してください。私にもハッキリとわかる形で現れてください」

 もちろん、すぐさまUFOが出現したわけではない。一週間、二週間が過ぎても変化はなかった。
 だが、ちょうど30日目の夜のことだ。
 その日も1時間ほど思念を送ったが何も現れないので、なかば諦めかけて雨戸を閉めようとした、そのときーー。
 オレンジ色の光体がどこからともなく飛んできて、目の前の空間に停止し、すぐさまカーブを描いて夜空の向こうに飛び去ったーーのだ。

この続きをみるには

この続き: 2,762文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
ムーCLUBの記事の5月分まとめです。

ムーCLUBの記事の5月分まとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

😎
16
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。