見出し画像

レアみやげ「コロポックル」と出会える砂川サービスエリアへ!/山下メロ・平成UMAみやげ

バブルをまたいだ平成は、いわゆるオカルト事象がやんわりと世に受け入れられていた時代でもある。「ファンシー絵みやげ」研究家の山下メロが、当時を彩った”UMAみやげ”の世界をご案内。前回の「妖精」につづいて、「コロポックル」の捕獲事例を紹介します。

文・写真=山下メロ #平成UMAみやげ

小さき者たち

 前回、「ファンシー絵みやげ」における妖精やノームなどの小さき者たちを紹介いたしました。たとえば「ファンシー絵はがき」や「ファンシー絵しおり」には、妖精がたびたび登場します。

花の妖精

 さらにキーホルダーには、妖精とともにこのようなノームが描かれています。

ノーム1

 これらをはじめ、色々な妖精やノームについて実例を挙げ、その不思議な世界をお伝えいたしました。

 しかし、世界が広すぎて前回紹介しきれなかった小さき存在がいます。
それが北海道周辺の先住民族であるアイヌに伝わる小人、コロポックルです。

北海道のコロポックル

 商品名や店の名前などでよく使われるコロポックルは「フキの葉の下の人」と認識されており、たびたびノームのような風貌で描かれることがあります。ただし、実際に小人であるのかどうかについては諸説あるようです。

画像3

松浦武四郎作「蕗下コロポックル図」(市立函館博物館所蔵)

「ファンシー絵はがき」にもコロポックルのものがあります。

この続きをみるには

この続き: 1,445文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
11
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。