見出し画像

1975年”甲府事件”現場に遺された放射性物質と”UFOの原子炉”の謎/雲英恒夫

日本の科学的UFO研究団体、JSPS(Japan Space Phenomena Society)の上級研究員・雲英恒夫が、有名なUFO遭遇事例「甲府事件」の確たる証拠を確認した。驚くべきデータを紹介しよう。

文=雲英恒夫

1975年の第3種接近遭遇

甲府事件」とは、昭和50年、1975年2月23日、日曜日の夕刻に山梨県甲府市のブドウ畑で、第3種接近遭遇(至近距離でのUFO搭乗員との接触)が発生したという事例だ。そこでは、7歳の少年2人がUFOを目撃し、その後ブドウ畑に着陸したUFOを発見している。さらに、その物体に近づいたとき、突如、ヒューマノイド(異星人?)に後ろから肩を触られたという体験もしている。少年達はあまりのことに自宅に逃げ帰ったというーー。
 このUFO自体は複数の目撃者がおり、彼らの親たちも、子供達の指差す方向に、空中に消えゆく謎の光体を目撃している。また、後日着陸したと思われるブドウ畑のぶどう棚の支柱が折れていたという情報もある。

画像6

当事者の二人の少年がそれぞれ別々に描いた、UFOと異星人の姿。(JSPS 大阪支部長 林一男氏ライブラリーより)

 甲府事件は主な証言者が子供だったということもあり、長い間、各方面から疑問視されていた。だが、今回の雲英レポートは、“その時その場所に決してあってはならない確実な証拠”を突き止めている。

 結論からいえば、
・甲府事件の現場に、放射性同位元素32P(リン32)が存在した。
・甲府事件の現場には、原子炉が出現していた。

 ということになる。

 事件当時の1975年に作成された「M-レポート」を再解析して、上記の事実が判明したのだ。

現場の放射性物質についての克明な記録

 1975年2月23日に事件が発生して、その次の日。少年達の通う小学校は、この話で大騒ぎとなり、地元の新聞社からも取材を受けた。この新聞記事に、地元の高校教諭M先生が目を止めた。M先生は、第1種放射能取扱主任の国家資格を持っていたので、興味本位から現場の土壌を採取し、ガイガーカウンターで放射能を測定した。
 その結果、現場から10~20日の半減期を持つ放射能を検出した。このような半減期の短い放射能は、自然界に存在しえない。そのことを理解しているM先生は驚愕した。このM先生により、作成された報告書が「M-レポート」である。

画像5

現場のブドウ畑。白いロープ(JSPSメンバーが後日仮に置いたもの)で囲まれたバッグの位置が、UFO着陸現場の中心にあたる (JSPS 大阪支部長 林一男氏ライブラリーより)。

 M先生は、放射能源を特定するため、ある原子力研究所でγ線スペクトラムメータを使った再測定を行った。その結果、やはり半減期の短い放射能が検出された。さらに、γ線のスペクトラムは、土壌が放射線の一種、重粒子線を浴びた事を示していた。しかし、その研究所で2度目に測定したときには、放射能は減衰しきっていた。高感度のスペクトラムメータでも放射能は、ほとんど検出できなかった。放射線源を特定する事はできなかったが、一連の調査結果を詳細な測定数字とともにM-レポートとして残されている。

画像1

M先生による甲府UFO事件の調査書。ここでいう「M-レポート」。

画像2

画像3

M-レポート4頁目と、それを清書したもの。計算ミス(黄色箇所)も修正してある。

この続きをみるには

この続き: 1,153文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
15
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。