魔法宮top

岡山「魔法宮」に祀られるキュウモウは狸か狐か、南蛮の錬金術師か!?/高橋御山人

山陽の山深くに鎮座する、「魔法」を冠する珍しい神社。その祭神は、南蛮船に乗り渡来したという一匹の化け狸だ。自在に火を操ったという不思議な力や「サンヤン」という奇妙な口ぐせから、その意外な正体が見えてきた!

魔法宮に鎮まる化生狸の伝説

 岡山県中央部、吉備中央(きびちゅうおう)町の非常に山深い地に、「魔法宮火雷(まほうぐうほのいかづち)神社」という不思議な名の神社がある。

画像1

岡山県吉備中央町の山深い地に鎮座する、魔法宮火雷(まほうぐうほのいかづち)神社の入口。

画像2

魔法宮火雷神社境内の祠と狸の置物。

 そこには「キュウモウ」という名の狸が祀られており、詳しい由来が江戸時代に書かれた『備前加茂化生狸由来記(びぜんかもけしょうだぬきゆらいき) 』(以下、由来記)という書物に載っている。

 そのあらすじは以下の通りだ。

 戦国時代、南蛮の「合甚尾大王(ごうじんびだいおう)」が悪逆を企み、バテレン(宣教師)を日本に差し向けた。キュウモウは、その船に紛れて渡来した。渡来の目的は「神国」日本を訪ねるためであり、堺を経て、住吉大社へ参拝する。すると、社殿が震動したり大量の松が抜けるなどの異変が起き、朝廷に奏上される。怪異は南蛮による危機を神々が知らせるものとさ
れ、伊勢、春日、八幡の天皇巡拝が決定した。しかし、途中で行幸の車を曳く牛が動かなくなる。
 キュウモウはその牛の故郷を見たくなり、呰部(あざえ)(現在は岡山県真庭市)にやってくる。呰部周辺には岩窟が多数あり、長い年月そこに住んだ。しかしそこにはメスの狸がいなかったので、ムジナと交わって子を作った。
 江戸時代中期、加茂(現在は吉備中央町)の黒杭(くろくい)に銅山が開かれ、茶店や遊郭も作られて、空前の賑わいを見せた。キュウモウは鉱夫に化けてその銅山にやってきて、遊び回った。やがて銅山は閉鎖されたが、その廃坑に住みついた。

蛯吝燕蜉闌ょ喧逕溽矯逕ア譚・險・04・郁ウ・侭謠蝉セ幢シ壼イ。螻ア逵檎ォ句峙譖ク鬢ィ繝サ髮サ蟄仙峙譖ク鬢ィ繧キ繧ケ繝・Β縲後ョ繧ク繧ソ繝ォ蟯。螻ア螟ァ逋セ遘代�搾シ・

「備前加茂化生狸由来記(びだいおうかもけしょうだぬきゆらいき)」に載る、江戸時代の魔法宮参詣の様子。牛馬を曳く参詣者が多数見られる。(資料提供:岡山県立図書館・電子図書館システム「デジタル岡山大百科」)

キュウモウの災いと魔法宮の創建

この続きをみるには

この続き:5,417文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマ...

いいんですか? ありがとうございます。
6
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信。