見出し画像

ネパールで”生き女神”の後継者が出現した話など/南山宏のちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2020年9月号、第437回目の内容です。

文=南山宏

親知らず公

 元英国王エドワード8世ウィンザー公が海外領バミューダ総督だった1940年、地元の歯科医に抜歯されて保存されていた親知らずの1本が、英国リヴァプール郊外の高名なオメガオークションハウスで、1万英ポンド(約132万円)で競売にかけられた。
 このオメガオークションでは、2011年に元ビートルズのジョン・レノンの歯1本が、1万9000英ポンド(約251万円)で競り落とされた前例がある。
 ただ残念ながら、この話題がBBCニュースで報じられた2019年9月24日の段階では、ウィンザー公の親知らずを競り買いした人はまだ現われていない。


耳のインベーダー

 米ミズーリ州カンザスシティのスージー・トーレスさん(20歳)は、左耳の中に突然、熱湯を注ぎ込まれたような気がした。
 その熱い感じがいつまでも消えないので、不安になったスージーは耳鼻科医院に駆け込んだ。
 内視鏡検査の結果、なんとドクイトグモが1匹、その耳の中に入り込んでいるのが確認された。
 この猛毒グモに噛まれると、激痛に襲われるだけでなく、ひどい傷跡がいつまでも残り、最悪の場合は死に至ることさえある。
 幸い、スージーはまだ噛まれていなかったので、ドクイトグモは医師によって慎重に取り除かれ、彼女は危うく命拾いした。


黄金のカビ

この続きをみるには

この続き: 2,027文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

😎
11
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。