見出し画像

言霊が導く祈りと呪いと未来予知! 短歌の呪術世界/笹公人・大塚寅彦

日本の伝統文化、短歌。どこか敷居が高いイメージもあるが、短歌は古来「目に見えない鬼神をも泣かせる」ほどの強力な霊力を秘めるといわれ、オカルトとは非常に親和性が高い文化だ。
大塚寅彦氏、笹公人氏という短歌界の巨匠を招き、「短歌とオカルト」の秘められた関係をたっぷりとレクチャーしていただいた。

文=鹿角崇彦

歌人が読み解く新元号・令和の言霊

 以前の総力特集でも、新元号「令和」と言霊の謎について解説した。現代日本で、歌人ほど日常的に深く言霊に向き合っている職業はない。当代一流の歌人は、令和の言霊をどのように読み解いているのだろうか。

画像14

オカルトと短歌について語り合う、大塚寅彦氏(右)と笹公人氏(左)。

「オカルト短歌」でもおなじみの笹公人氏の分析は、音韻に着目したユニー
クなものだ。

 まず令和の前に、平成の音韻をみてみよう。「へーせー」の韻は「えーえー」となるが、これは音韻的にはかなり閉塞感の強い音となる。笑い声でも「えへへ」にはどこか媚びた響きがあるように、「え」は屈折した音であり、これがふたつも重なってしまったのが平成という時代の閉塞感の一因になってしまったのでは、と笹氏はみる。
 同様に昭和をみると、音韻「おーあ」は明るく弾ける「あ」音で終わり、昭和が後半にかけて輝きを増し、バブルという大爆発で締めくくられた歴史に重なり合う。
 そして「令和」の音韻「えーあ」は、平成の「え」と昭和の「あ」のハイブリッド構造になっていることがわかる。
 つまり令和は、初めのうちは平成を引きずったような閉塞感が続くが、後半は「あ」音の言霊によって、一転昭和後期のような明るく弾けた時代になる、というのが笹氏の令和予測だ。

 いっぽう大塚寅彦氏は、令和の元号の出典選定プロセスに注目する。元号は中国古典からとるのが通例で、昭和は『書経』の「百姓昭明 協和万邦」を出典とする。その意味は「人々が徳を明らかにし、世界の共存繁栄がはかられる」というものだが、皮肉にも昭和の歴史が一時期、元号に込められた願いとは正反対の方向に進んでしまったことはだれもが知るとおりだ。
 平成の出典も同じく『書経』の「地平天成」すなわち「洪水が治まり国土は平静に、自然の運行も順調になった」という意味の一節からとられているのだが、現実は雲仙・普賢岳の噴火にはじまり、度重なる震災、津波、集中豪雨と、平成は天変地異に見舞われ続けた時代になってしまっている。このように、漢籍からとられた元号は2代にわたって込められた願いがまったくの裏目に出てしまっているのだ。

画像2

「平成」の出典となった『書経』大禹謨。右の行に「地平天成」の4字がみえる。

 大塚氏は、今回令和が『万葉集』からとられた意味をここに見る。「国書を出典にする」という新例によって、元号が裏目裏目に出ていたいやな流れを切り替えようという思惑があったのではないかというのだ。

画像3

「令和」の出典として一躍有名になった『万葉集』序文。漢詩にこめられた言祝(ことほ)ぎは吉とでるのか。

 さらに、文字学的に令和を解析すると、「令」とは高い位にある人物がひざまずいて神意をうかがう姿を表す象形文字。「和」は「和(な)ぐ」とも読み、草薙剣の「薙(な)ぐ」、ばっさり祓う、祓い清めるという意味に通じる。
 さらにナグは開闢の神イザナギと、イザナギの持つ神器・天沼矛にもリンクしていく。すなわち、令和の未来は、神意のような抗いがたい何らかの「実力行使」が求められる時代、「実力行使」が不可避的に命じられる時代になるのではないか、というのが大塚氏の予測だ。しかし同時に、その「実力行使」の先にはイザナギと天沼矛に象徴される新たな国生み、新日本の幕開けも予感されるという。
 音韻からみる笹氏、文字から読み解く大塚氏ともに、令和の時代には前半にネガティブ、後半にポジティブな言霊を見出している。これは偶然の一致なのか、それとも……。

画像14

天沼矛をつかって最初の国土を創るイザナギ、イザナミ。令和の時代に訪れる「不可避の実力行使」とは……(小林永濯画)。

短歌の「予祝」と「呪い」の言霊

 江戸時代まで元号は頻繁に変更されたが、これは災害などがあったときによい言霊を持つ元号で現実を改変するという考え方があったためだ。元号の言霊で未来を褒め称え、よい方向に軌道修正しようとしたわけだ。
 物事が始まる前にあらかじめよくなる前提で祝福してしまうのは「予祝」という呪術の一種であり、元号は言霊を使った「予祝」のまじないでもあったのだ。

 戦前期、この「言霊を使った予祝」をだれよりも意識し、実践していた歌人がいる。大本教祖・出口王仁三郎である。

この続きをみるには

この続き: 5,066文字 / 画像10枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
19
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。