見出し画像

神秘の「古代みくじ」で神様の言葉が身に染みる…! 京都・天津神社の神秘/西浦和也

おみくじがよく当たるーーそんな評判の神社が京都にある。
引いた人はそれを、「神様と話している感じがする」と表現する。一般的なおみくじとは違っていて、神様からのお言葉は、自分の行いや方向性をズバリと指し示してくれるというのだ。
天津(あまつ)神社を訪ね、その「古代みくじ」を引いてみたーー。

文=西浦和也

カリスマ宮司が作ったおみくじ

 あなたは「おみくじ」にどういうイメージを持っているだろうか? 神様からの大事なご神託と真剣に受け止めている人もいると思うが、多くは気軽な占いのような感覚で引いているのではないだろうか?

 おみくじがよく当たる。そう評判になっている神社が京都、西陣の近くにある。学問の神様・菅原道真で有名な北野天満宮や、平安京の時代から続く平野神社からほど近い場所にある「天津神社」だ。

 京都駅から北へ向かって車で20分あまり。西大路通りから東へ少し入ると、閑静な住宅地がある。このあたりは江戸後期までは畑が続く一帯で、建物が建ちはじめたのは明治以降のことといわれている。
 その住宅地を進んでいくと、神社らしからぬ小さな門に「天津神社」と書かれた提灯と紙垂のついた注連縄が目に入る。見た目はさながら、おしゃれな民家か、茶道の道場のよう。神社の目印である鳥居がないため、普通に歩いていて、神社だと気づく人は多くないという。

画像8

閑静な住宅街の中に佇む天津(あまつ)神社。

 門を入り、正面の障子戸を開けて中へ入ると、100畳ほどの広間が広がっている。右手奥を見ると神様を祀った拝殿があり、その右手に「美くじ」と書かれた木製の箱が置かれている。これが噂になっている、よく当たるというおみくじだ。

 ところで、天津神社に祀られている祭神は、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高御産巣日神(たかみむすひのかみ)、神産巣日神(かみむすひのかみ)の三柱である。これらは『古事記』に登場し、天地開闢(かいびゃく)のときに高天原に出現し、万物生成化育の根源となった最初の神たちだ。
 神社が建立されたのは、今からおよそ100年以上前。伝えられる話では、強い力の持ち主だった初代の宮司が、信徒のため手軽に神託を得られる方法として作ったのがこの「古代みくじ」なのだという。
 その評判は瞬く間に広まり、周辺地域のみならず京都の外からも神社を訪れてはおみくじを引き、宮司のカリスマ性とあいまって多くの人たちが、その話に耳を傾けたそうだ。

この続きをみるには

この続き: 3,374文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
ムーCLUBの記事の6月分まとめです。

ムーCLUBの記事の6月分まとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
12
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。