いざなぎ流top

陰陽道「いざなぎ流」呪術祭祀の神秘 ~驚くべき祭文世界と神霊を駆使する術者たち/本田不二雄

四国・高知の山奥に、すでに絶えてしまったと思われていた陰陽道の世界が脈々と息づき、その術法を伝える者たちが現存していた──。それが「いざなぎ流」であり、太夫(たゆう)と呼ばれる宗教者である。
長年にわたり現地でのフィールドワークを重ね、その奥義を知る神話・伝承学者の斎藤英喜氏(佛教大学教授)にロングインタビューを行い、多様な神々とその伝承、驚きの祭祀、そして禁断の呪法にいたる、いざなぎ流呪術世界の奥の奥へとご案内いただいた。

取材・文=本田 不二雄(神仏探偵)

歴史の闇からあらわれた「いざなぎ流」

 香美(かみ)市物部(ものべ)は、高知空港近くで河口に至る物もの部川(べがわ)沿いの国道195号を、上流目指して北東に進んだ先にある。
 かつての物部村の中心地・大栃(おおとち)は、上韮生川(かみにろうがわ)との合流地点にあり、そこからさらに物部川をさかのぼる流域が「いざなぎ流」の信仰圏といわれる。
 深いV字谷を形成する地形、そこにへばりつくように点在する家々──。いわゆる限界集落である物部川上流域の最奥地区に、最後の伝説的太夫・中尾計佐清(なかおけさきよ)太夫の住まいがあった。

画像1

旧物部(ものべ)村(現・高知県香美(かみ)市物部)の景観。急峻な谷を見下ろす山の斜面に、集落が形成されている(写真=斎藤英喜/以下★も)。

 斎藤英喜氏は、1987年以来、十数回にわたり、今は鬼籍に入られた中尾太夫のもとを訪ね、いざなぎ流祭祀の現場──地域の氏神や地神(じじん)、旧家の屋敷神の祭りごとや神楽、山や川の鎮め祈禱、霊的な病に対する病人祈禱など──に立ち会い、膨大な時間を費やして聞き取り調査と手紙のやりとりを行った。そして、研究者としては異例な形でその奥義を授かったただひとりの学者となった。

画像2

斎藤英喜氏(佛教大学歴史学部教授)。専門は宗教文化論・神話伝承学で、著書に『陰陽師たちの日本史』(角川選書)、『異貌の古事記』(青土社)、『アマテラス 最高神の知られざる秘史』(学研新書)などがある。

「僕の専門は古代文学なのですが、『古事記』や『日本書紀』などの文字に書かれた神話世界がある一方で、文字以前の神話があります。当時、それが沖縄に行けばあるといわれていたのだけど、沖縄の口承文化は女性が中心で、男性の研究者はなかなか入り込めなかった。
 ところが、高知の『いざなぎ流』では、古代のものではないものの、神の由来やお祭りの起源が語られる豊富な『祭文』が残されている。太夫という専門の宗教者もいて、実際にお祭りの現場で誦まれているという。これは見てみたいと」(斎藤氏)

 折りよく祭りが行われるタイミングに恵まれ、斎藤氏ははじめて現地に赴いた。そこで紹介された中尾太夫は、「自由に見てもいいし、写真を撮ってもいい。録音しても構わない」と気さくに応じてくれたという。しかし──、「あとで気づくのですが、それは『見ても何もわからないよ』ということだったんですね」

画像3

2019年末刊行の増補版『いざなぎ流 祭文と儀礼』(法藏館文庫)は、本稿の参考文献(文中*印)で、陰陽道・民俗信仰研究をアップデートする決定的論考。興味を持たれた人はぜひ一読されたい。


「いざなぎ流」とは何か

「いざなぎ流」とは、端的にいえば、高知県香美市物部(旧物部村)に伝わる民間信仰である。
 それがなぜ注目されたのか。理由のひとつは、かつて日本の各地で展開されていた信仰の多くがすでに失われ、文書の中にのみとどまっているなか、「いざなぎ流」は、古くからの祭祀・祈禱が独立した信仰の体系としてそっくり保持されていたからである。
 しかしそれだけではなかった。

「最初に研究者が入ったときは、いざなぎ流は修験道の一派だと思われていたようです。ところが見ていくと、どうも違うらしい。すると今度は、式王子(しきおうじ)という存在がクローズアップされて、だったらこれは陰陽道なんじゃないか、となったのです」(斎藤氏)

 式王子とは何かについては後述するが、「式」とは、「用いる、使役する」の意で、陰陽師はさまざまな精霊を「式しき神がみ」として用い、使役して、病気を治したり、呪法を行ったりするといわれてきた。つまり、式王子は式神に通じるとして、その法を駆使するいざなぎ流太夫は、現代に生きる陰陽師として注目を集めたのである。
 こうして、1990年代後半にはじまる陰陽師ブームと相まって、いざなぎ流にはアカデミズムの枠を越えた関心と好奇の目が注がれるようになった。
 しかし、その全体像にアプローチすることは容易なことではなかった。

「いざなぎ流は、ひとつのことが解きほぐせたかと思うと、即座に新しい疑問点にぶつかるという、まさに『謎』の永久運動のような世界」なのだと斎藤氏はいう。

画像22

2016年に15年ぶりに行われたいざなぎ流の大祭より(写真は「日月祭」)。離散した旧家に祀られていた「御おん崎ざき様さま」が合祀されたという祈禱殿で執り行われた(★)。

画像22

在りし日の中尾計佐清太夫(なかおけさきよたゆう)。物部川最上流の地区を拠点とし、「古式いざなぎ流」の膨大な伝承と業を保持する最後の太夫と呼ばれた(★)。

近代日本が切り捨ててきた呪術的信仰の宝庫

 少し歴史をおさらいしてみよう。

この続きをみるには

この続き: 8,933文字 / 画像17枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ムーCLUBの記事の2月分まとめです。記事それぞれでも100円~200円で配信していますので、2~3本気になったら、こちらがお得です。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)で配信された有料記事の2月分セットです。

または、記事単体で購入する

陰陽道「いざなぎ流」呪術祭祀の神秘 ~驚くべき祭文世界と神霊を駆使する術者たち/本田不二雄

ムーPLUS

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
8
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。