見出し画像

聖地セドナの岩絵「V−V」とホピの祖先が刻んだ大地のヴィジョン/尾崎靖・NANA

世界有数の聖地にしてパワースポットとして知られるセドナ。
その郊外の遺跡に1030以上の事物が描かれた岩絵があり、グレゴリオ暦より正確に、夏至や冬至といった季節の節目を告げるという。

構成・文=尾崎 靖 写真=NANA

絵に差す光と影が精度の高い暦となる

 アメリカ、アリゾナ州のセドナは、世界的な聖地、パワースポットとして知られている。見たこともない雄大なスケールの光景を目の当たりにすると、多くの人々が言葉ではいいつくせない感動を覚えるという。

画像1

地球の歴史と、悠久の時の流れを目の当たりにできる聖地セドナ。

 そんなセドナの絶景を撮影するかたわら、現地の大自然を体感できるツアーガイドをしているのが「写心家」のNANA氏だ。セドナに住んで、今年で23年になる。
「セドナに住むようになったのは、初めてセドナの赤い岩山を見たときにわけもなく涙が出てきて、こんな景色は日本で見たことがないのに、なぜ懐かしいんだろう? と思ったのがきっかけです。私だけでなく、セドナを訪れる多くの方が、なんだか懐かしい風景だとおっしゃいます」
 セドナに広がる風景は、国や地域を越え、地球自体がひとつの大きな生命体であることを実感させてくれる。私たちは孤立した存在ではなく、マザーアースの一部である――風景を目にした者は、そんな感覚を味わい、母なる存在の懐かしさを嚙みしめる。それは、古来セドナに暮らしてきた先住民の実感でもあるだろう。

画像2

セドナ近郊には多くの遺跡が点在する。そのひとつ、ツジグット遺跡。

 じつは、セドナ周辺にはたくさんの遺跡と、現在も調査・研究が進行中の岩絵が存在する。
「私が大自然だけでなく、このあたりに残る遺跡や岩絵に惹かれるのは、人間がマザーアースに畏怖の念を持って生きていた証を感じられるからです」
 文字を持たない先住民にとって、岩絵は彼らの文化を伝えるものだ。
 セドナ郊外には「V−V(ヴィ・バー・ヴィ)」と呼ばれる有名な岩絵があり、そこには暦が描かれている。暦といっても、私たちが見慣れたカレンダーではない。岩絵の上方に突きだしたふたつの岩が、春分や夏至をはじめとする特別な日に、特定の絵に光や影を落とすのだ。これによって人々は、種まきの時期や収穫期といった季節の節目を知る。たとえば夏至には、雷の絵のところに岩の影がくる。雷の下には、水たまりを表す渦巻きが描かれている。つまり、夏至の後に雨季がくることを告げているのだ。
 影をつくるふたつの岩は、上下に並んでいる。不思議なことに、下の岩の影は太陽の動きに合わせて刻々と動いていくのに、上の岩の影は、15分ほど同じ場所にとどまっている。

画像3

V-V(ヴィ・バー・ヴィ)には、1030以上のモチーフが描かれている。いつ、だれが、何のために記したのかなどは、謎に包まれている。

この続きをみるには

この続き: 4,547文字 / 画像14枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

😎
13
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。