見出し画像

異星人接近遭遇「甲府事件」から紐解くナチスUFOの謎/並木伸一郎・総力特集

1975年、夕闇迫る山梨県甲府市で、ふたりの少年がUFOを目撃した。後に「甲府事件」と称されることとなったこの出来事が、最近の驚愕発見によって、新たな展開を見せようとしている。
その新発見がもたらす事実と、世界中で目撃されるアダムスキー型UFOの正体が、ナチスの秘密兵器ハウニヴーであることを知るとき、日本に隠されたアルデバラン星人の秘密基地の存在が明らかになる!

文=並木伸一郎

甲府UFO事件と放射性物質

 2016年11月20日午後、大阪「阿倍野市民学習センター」にて、筆者が主宰する「日本宇宙現象研究会=JSPS」大阪支部長の林一男氏と「大阪UFOサークル=OUC」(山野涇氏主宰)による合同研修会が行われた。
 そこで、修会で講師を務めた雲英(きら)恒夫氏(JSPS東京本部研究局スタッフ)により、日本最大のUFO事件に関する最大の謎となっていた出来事について、衝撃的な新事実が公表されたのである。

00繝輔z繝ュ繝ュ繝シ繧ッ繧兔02髮イ闍ア蜊頑ク帶悄隱ャ譏

JSPSとOUCの合同研修会で、現場の残留放射能について説明する雲英(きら)恒夫氏。

 新事実とは、約40年前にUFOが着陸した農地の土壌に残された、15日間で半減するという性質をもった放射能に関するものであった。だが、それは本来、ありえないことなのだ。なぜなら、わずか半月程度では、自然界に存在する放射能の「減衰」は絶対に起こらないからだ。
 この不可思議な放射能の発見者であり、放射線取扱技師資格を持つ高校教諭の前田進氏は、放射線源を特定すべく、茨城県那珂郡東海村のとある放射線研究所に、サンプルを持ち込んだ。

00繝輔z繝ュ繝ュ繝シ繧ッ繧兔04蜑咲伐繝ャ繝帙z繝シ繝・2

00繝輔z繝ュ繝ュ繝シ繧ッ繧兔03蜑咲伐繝ャ繝帙z繝シ繝

残留放射能の発見者である、高校教諭・前田進氏のレポート。下はレポートの表紙。

 サンプルは主にガンマ線のエネルギー分布を測定する「ガンマ線スペクトロメーター」と呼ばれる機器にかけられた。その結果、該当する放射性核種(核種=原子核を構成する特定の原子の種類のこと)が23種も特定された。続けて測定の誤差を5パーセントまで広げたところ、すべてのガンマ線の元となる放射性元素を特定することができたのだ。
 こうしてサンプル中の鉄、鉛、ルビジウムなどが、放射線であるアルファ線、重陽子線、陽子線、中性子線などの重粒子線を浴びて生じる放射線に似ているという事実が判明した。だが、放射能が微量であったため、確認できたのはここまでであった。

 2016年夏、雲英氏は事件後、約40年を経た現在の技術ならその放射線源が特定できるのではないかと考え、当時の残留放射能の生データに改めて着目した。そして、減衰する放射線に最も合致する半減期曲線を求めてみた。すると、これまで数十種も該当していた放射線源が、なんとたった1種類の核種に絞られたのである(現在、元素は118種まで知られ、それを元とする放射性、非放射性を合わせて4540種の同位体元素が確認されている)。
 そこで雲英氏は、生データに最も誤差が少なく合致する半減期曲線を求めた。その結果、残留放射能の半減期が、正確には14.2~14.8日であることが判明した。さらに、これに合致する半減期をもつ放射性元素を捜した雲英氏は驚愕した。該当する放射性元素がたった1種類しかなかったからである。
 それは「リン32」だった。

残留放射能「リン32」が明らかにしたUFOの謎

 リン。それは生命維持に不可欠な元素だが、自然界では放射能をまったくもたないリン31として存在する。一方でリン32は、原子炉から出る中性子線を浴びることで生成され、現在では医学研究用に売買されるほどポピュラーな放射線源だという。
 では、なぜUFO着陸現場に、リン32が存在したのか? 雲英氏は次のように指摘した。
「このリン32こそ、農地に撒かれた肥料中のリン31が、放射線源からの中性子線を浴びて、放射化されたものです」
 ではその放射線源とは、いったい何だったのか?
「それは“原子炉”です」
 思いもよらぬ雲英氏の指摘に、会場内がどよめいた! 間髪を入れず、雲英氏は続けた。
「原子炉がUFOの動力源だったと考えられます。いかに厳重に遮蔽されていても、その原子炉から放射能がわずかに漏れることがあります。それが土壌中のリンや鉄を放射化させたとしか考えられません」
 そう、放射線源は原子炉であった。そしてUFO内部に設置されたそ原子炉は、きわめて小型のものだったと想定されるのだ。

 この放射能をもたらしたUFO着陸事件とは、1975年2月23日、山梨県甲府市で起きた、通称「甲府事件」と呼ばれる、日本UFO史に残る異星人遭遇事例のことである。

00繝輔z繝ュ繝ュ繝シ繧ッ繧兔01逹�髯ク迴セ蝣エ縺ィ隱ソ譟サ蜩

甲府事件当時のUFO着陸現場。

 事件はふたりの少年(いずれも当時小学2年生)によるUFO目撃から始まった。日が暮れても遊びに夢中だった少年たちの近くに、オレンジ色に輝く大小2機のUFOが出現した。
 そして、小さいほうのUFOが降下して、近くのブドウ畑に着陸した。ふたりは好奇心から接近、UFOを間近で観察したのである。さらには中から現れた醜悪な異星人を目撃したばかりか、少年のひとりが、その異星人に肩をたたかれたという。

 この事件は当初、少年たちの虚言や妄想、または幻覚にすぎないとする、否定的な見方をされることが多かった。だが今回、残留放射能が自然界では存在しないリン32であったことが判明し、事件が現実のものだったと、科学的にも実証されたのだ。
 しかし、実は甲府事件はこれだけでは収まらない。事件のさらに奥を探ると、着陸したUFOに秘された恐るべき陰謀が見えてくるのだ。

ふたりの少年に接近した2機の空飛ぶ円盤

「甲府事件」には、その予兆と呼ぶべき出来事があった。
 事件の3日前、つまり1975年2月20日午後6時すぎ、山梨県都留(つる)市川棚に住む渡辺貞子さんが外出中、大小ふたつのオレンジ色に輝く物体が三つ峠方向に飛んでいくのを目撃していたのである。
 このときの物体が甲府市に再び出現し「甲府事件」として日本のUFO研究史上にその名を残す、特筆すべき事件へと発展していったのだ。

この続きをみるには

この続き: 19,781文字 / 画像50枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
13
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。