見出し画像

4月後半は「お手伝い」「浄化」「メンテナンス」で開運!/雨宮零・九星術 ムー開運ミッション

引き寄せと改運(開運)を得意とする雨宮零氏が「開運ミッション」を指南。カレンダーや手帳にメモして実践すれば、5月以降のあなたの生活に、確実に変化が現れているはずだ。
実感・体験については「#ムー開運」でnoteやブログ、SNSにどうぞ。

3月の開運ミッション記事はこちら→ (前半) (後半)
4月前半の開運ミッション記事はこちら

文=雨宮 零

雨宮零2

雨宮零(あめみや れい)●1982年生まれ、滋賀県出身。関西学院大学経済学部卒業。引き寄せと改運(開運)を非常に得意とする。占いは現実的に活用できる技術と考え「努力×運=成果」を実践中。占術は九星術・断易・周易・四柱推命・宿曜占星術・タロットなど。占い館および企業イベント等で鑑定を行う傍ら、現在は東洋占術の大家・大石眞行氏に師事。
鑑定・出演イベント情報、大石氏の講座情報など、詳しくは「想星堂」サイトにて。https://www.souseido.com/

干支は天地、九星は人を表す

 九星術の理論において干支は、それぞれ天干と地支であり、人間を挟む天地の気を現す。天干は文字通り天の気であり時間的制約を現し、同様に地支は地の気であり空間的制約を現す。干支はこれらを組み合わせたもので、人間を包み込む時間と空間の制約を表すことになる。
 この天地の間に存在する人間とその行動を表すものが九星であり、その意味で九星は、天干地支に対して人星ともいうべき存在。人間に対する制約条件である干支があらわす環境に対し、それに対処するために人間がとるべき最も相応しい行動が九星で表されることとなる。
 それを具体的な行動に落とし込んだものが今回のミッションである。

 なお、九星を使う占いには多くの流派がある。日本で主流なのは「気学」だが、この気学にも様々な流派がある。これらに優劣があるわけではなく、それぞれ非常に興味深い。
(参考動画 九星と気学は違う!【うらない君とうれない君】
 ここのムー開運で使用しているのは、この園田真次郎先生が創始された気学ではなく、九星術である。当九星術には、気学と異なる解釈や見方も存在するので、九星術や東洋占術について詳しく知りたければ、私の師である大石眞行老師の講座で是非とも学んでみて欲しい。

4月のポイント=焦らず争わず穏やかに

 4月1日〜15日の開運法で記載したとおり、庚辰月である4月は少々気性が荒い時勢である。
 仕事でもプライベートでも諍いが起こりやすく、イライラしやすい時だ。星に素直であるということは、占いを活用しやすくなるという利点があるが、過ぎた悪影響を必要以上に受けることはないので、各々十分に留意すること。
 また、前半に運気や進行が良くなかったことも、後半に進むにつれてマシになっていく。仕事であれば、再度の打診を行う。プライベートでトラブルがあった場合には謝罪を行うなど、出鼻をくじくような出来事があった人は再スタートを行うのが良いだろう。
 占いは信じたり、頼ったりするだけのものではなく、現実的に活用できるものである。現実的な出来事においては、九星術の開運法は非常に有効的なので、是非とも皆さんには活用していただきたいと考えている。

4月20日 あま~くなろう! 誰かの役に立つべし

この続きをみるには

この続き: 1,708文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
8
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

この記事が入っているマガジン

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。