ホットプレス人形エルサほかtop

帰ってくる人形・911陰謀教育・未来人のスーパーフード/MYSTERY HOT PRESS

世界各地からホットなミステリー・ニュースを日本のムー民たちにお届け!
エルサ人形が氷でなく怪奇現象で持ち主を震えさせる話題から、フランスの歴史教材が911都市伝説を掲載という騒動、そして未来人YouTuberのライフスタイルをご紹介。

文=遠野そら+宇佐和通

まさに身も凍る! 捨てても戻ってくるエルサ人形

 2013年、クリスマス。
「サンタさん。エルサのお人形をください」
 アメリカ・テキサス州に住む少女・オーレアちゃんがお願いしたのは、映画「アナと雪の女王」のヒロイン・エルサのおしゃべり人形。劇中のセリフを話し、主題歌「ありのままで(Let it go)」を歌うものだ。クリスマスに念願のエルサ人形をもらったオーレアちゃんは大喜びで、いつも一緒に遊んでいたという。
 だが2年ほど経ったある日。
「ママ、エルサがわからない言葉を話すの」
 そう言ってオーレアちゃんが持ってきた人形は、なぜかセリフを英語とスペイン語で話すようになっていたのだ。何かのバグかと思った母親が、設定をリセットし、電源を切ったり入れたりしたが治らず、しまいには通電不良を起こしたのか、電源を「切」にしても勝手に話すようになってしまった。

 そして時は経ち6年後の2019年12月。エルサ人形はもうスペイン語しか話さないようになっていた。
「そういえば一度も電池を交換していないわ」
 突如、内側から突き上げられるような恐怖を感じた母親は、オーレアちゃんと相談して人形を処分することにした。
 だが、人形を捨てても、いつの間にか人形が庭や玄関先など家のどこかに戻ってきているという不思議な現象が起こり始めたのだ! 誰かのイタズラかと思ったオーレアちゃん家族は、今度は人形を二重のゴミ袋に入れ、口をきつく縛ると、満杯のゴミ袋の底に押し込んでゴミ回収日に処分することにした。
「家族でゴミ袋が収集車に回収されるところまで見届けたわ。ーーでも、夕方オーレアの悲鳴を聞いて裏庭に行くと、今朝、捨てたはずのエルサ人形があったのよ!」

 今では、母親のSNSを見たミネソタ州に住む友人が人形を引き取り、2度とオーレアちゃんの元に戻らないようジープのボンネットに括り付けてくれている。だが、家族は見えないものに監視されているような恐怖感はいまだにぬぐえないという。エルサ人形がこの家族を手放す(Let it go)ことはあるのだろうか。
(Click 2 Houston 1/18付)

フランスの歴史教科書に「911CIA陰謀説」が掲載されてしまった

 2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件。約3000人もの犠牲者を出したアメリカ史上最悪のテロ事件だろう。事件の真相については今なお様々な説が飛び交っており、当初から自作自演説など陰謀が囁かれていたが、なんと、フランスの歴史教科書に「9.11テロ事件はアメリカの自作自演であった」ことを示唆する記述が見つかり騒動になっている。

 問題となっているのは2019年11月にフランスのEllipses社が出版した「20世紀の歴史」という学習教材の一節。戦争や世界恐慌、アポロ計画など、20世紀に起きた時事を掲載しているのだが、アメリカ同時多発テロ事件の章で、イスラム過激派アルカイダによるアメリカへのテロ攻撃を「この世界的な出来事は中東にアメリカの影響を示すため、CIA(シークレットサービス)によって企てられたに違いない。アメリカの国力の象徴を、自国で衝突させた」と掲載したのだ。
 さらに、この騒動に追い打ちをかけたのが、フランス最高位の高等教育機関グラン・ゼコールのパリ政治学院がこの教材を歴史の授業で使用していたということだ。グラン・ゼコールといえばフランス屈指の超エリート養成機関であり、その中でもパリ政治学院は各国首脳や国連総長など、国際機関のトップを数多く輩出していることで有名である。この教材の著者であるジャンピエール・ロシェ氏もパリ政治学院の卒業生であることから、世界的に大きな影響力を持つグラン・ゼコール卒業生が陰謀論を支持していた、として注目が集まる結果となったのだ。

 創業から50年近く教育書籍の出版に携わってきたEllipses社は、「不正確で根拠のないも陰謀論であり、本書では使用すべきではなかった」と公式に謝罪、今後問題となった一節はすべて削除するという。
(BBC News 1/21付他)

2075年からきたタイムトラベラーが未来の食事を紹介!

 2075年から来たタイムトラベラーが、Youtube番組『ApexTV』で55年後の食べ物を公開し、話題になっている。
 公開したのは「キャスパー」と名乗る人物だ。彼は2075年の未来で過去のデータを集める任務についており、現代へは政府機関から派遣されたという。キャスパーは『ApexTV』の中で、今後起きる大災害や出来事についても明かしており、よりよい未来を残すために現代でも活動しているそうだ。

 今回キャスパーが公開したのは、世界中の人が政府から無料で与えられているという食べ物である。それは白い錠剤のようなもので、これを1つ摂取するだけで1日分の栄養が取れるという。機密情報のためあまり細かい事は話せないと語るキャスパーだが、どうやら2075年の未来では食事はこの錠剤1粒だけになっているようだ。
 これが事実ならば世界中から飢餓が消え、飢えのないすばらしい未来があるのではないだろうか。だがキャスパー、動画内で錠剤を1つも口にしなかった。もしかしたら今日の食事は摂取してしまったのかも知れない。
 次の動画では、自分がタイムトラベラーであるという証拠にタイムマシンを紹介してくれるという。続報を期待しよう。いや、その前に錠剤を食べてくれよと思うのだが。
(Apex TV 1/6付)

この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマ...

いいんですか? ありがとうございます。
9
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信。