見出し画像

フェアリーやノームが誘う幻惑の異世界~入り口は全国区/山下メロ・平成UMAみやげ

バブルをまたいだ平成は、いわゆるオカルト事象がやんわりと世に受け入れられていた時代でもある。「ファンシー絵みやげ」研究家の山下メロが、当時を彩った”UMAみやげ”の世界をご案内。今回は小さな「妖精」を捕獲する!

文・写真=山下メロ #平成UMAみやげ

「光るアンテナ」は平成レトロの必須アイテム

 私は、先日放送された『マツコの知らない世界』で平成レトログッズについて紹介しましたが、その中で個人的に思い入れが強いのが「光るアンテナ」です。90年代末期、携帯電話が低価格化して普及していく中で、まだアンテナを引っぱって伸ばしていた時代に、個性を出すために生まれた商品でした。

謳コ蟶ッ繧「繝ウ繝・リ

 光るアンテナの商品名も「カクテル」「スパークリング」など、その光り方の差をどう言語化するのかという問題に対し色々と工夫されております。光り方以外の特徴を使った「段々くん」など面白いものは多いのですが、膨大な量がありますのでそれは別の機会にどこかで書くとして、今回私が気になったのは「フェアリーステップ」です。次々と光り方が変わるさまを伝えるのに、妖精の足どりにたとえている……なんという詩的表現でしょうか。パッケージにも王冠をかぶり、蝶の羽をはやした妖精が描かれています。

繝輔ぉ繧「繝ェ繝シ繧ケ繝・ャ繝

 昆虫の羽を背負っているといえば、トンボの羽を背負っていた「玉姫様」の頃の戸川純さんを思い出してしまいますが、いわゆる妖精の特徴のひとつです。

 妖精もまた、目撃談などがありUMAの一種ととらえることができます。ピーターパンのティンカーベルなどが有名ですが、寓話などにたびたび登場する妖精やドワーフなどは幼少期から触れる機会のある伝統的なモチーフでした。また、スタジオジブリの『かりぐらしのアリエッティ』もまた小人の生活を描いたアニメ映画です。

画像3

1917年の「コティングリー妖精写真」でも、いわゆる妖精らしい姿が撮影されたことで話題になった。

 普遍的なモチーフである妖精などの小さき者たちは、ファンシー絵みやげにおいて商品化されていたのでしょうか。

ファンシー絵みやげの中の小さき者たち

 私がこれまで紹介してきたUMAの「ファンシー絵みやげ」は、目撃された場所に由来し、そのエリアの観光地などで販売されていました。それに対して妖精は、観光地との結びつきが希薄です。それゆえ、特に観光地とは関係のないキャラクターとして商品化されています。

 まずは女の子向けの観光地みやげとして人気だった「ファンシー絵はがき」では、風景のイラストによく妖精が登場します。

縺励♀繧翫・螯也イセ

 この上の方に描かれているのは、おそらく妖精でしょう。イラストに華を添える存在として重宝されているのです。

 さらに、妖精がメインとなっている「ファンシー絵しおり」があります。

画像5

 その名も「花の妖精」。
 こういった妖精は男の子向けのイラストにはあまり登場しませんが、ファンシー絵みやげにおいて意外な形で描かれているものがあります。それがこちらです。

繝弱・繝1

 群馬県・谷川岳のファンシー絵みやげキーホルダー「THE SMALL MAN STORY」。SMALL MAN……つまり小人ですね。葉っぱをかついだ小人よりもさらに小さく妖精が描かれています。
 背景は放射状ホログラムかつステンドグラス調。まるでディスコティックのダンスフロアーのようです。これも小人から放たれる人知を超えた神秘性やオーラといったものの表現なのでしょう。

 同じシリーズで、もっと牧歌的に描かれているものもあります。それがこちら。

繝弱・繝2

 背景の塗り分けの感じもまた、異世界感なのかもしれません。

 とってつけたような「氷見海岸」ですが、特に地域に由来しない小人については、このようにあとから地名のタグをつけるようなパターンが多いのです。しかし樹木が描かれ、どちらかというと山や森のイメージが強い小人、ノームにも関わらず富山県の氷見海岸なのはなぜなのでしょうか……。

繝弱・繝3

 こちらは東京都の奥多摩湖で発見されたノームのマグカップ。
「ぐりとぐら」がタマゴを運ぶように「スーパーマリオブラザーズ」のスーパーキノコのような毒々しくカラフルなキノコを運んでいます。
 こちらは「GNOME?」と書かれています。おそらく本人たちが自分を「ノーム?」と思うこともないでしょうし、これは目撃者側の視点ですね。目撃した人間が「ノームじゃないか!?」と思っている、まさにUMAです。

繝弱・繝3 諡。螟ァ

 そして下に書かれた「OASOBI DAISUKI ITSUDEMO HAPPY HAPPY」
和文表記に直すと「お遊び 大好き いつでも ハッピー ハッピー」と書かれています。しかも間にやはりカラフルなキノコ。

 お遊び、そして、いつもハッピーハッピー。

 これはもうマジックマッシュルームで間違いないでしょう。

 一応、子ども向けのお土産品なんですけどもね……。

 そう考えると、さきほどの葉っぱもハッパ……いや、形が違いますか。なにしろ森の小人やキノコは、サイケデリックムーブメントやドラッグカルチャーとも密接です。

 これらのUMAの目撃証言も、単なる幻覚状態だったのか、それとも……。



★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
20
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ちょっとムーでも読んでいきなよ
ちょっとムーでも読んでいきなよ
  • 254本

ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、有料マガジン「ムーCLUB」向けの記事をこちらに移しています。購読者様は広い心でムー民、ムーCLUBメンバーの拡大を歓迎してください*