見出し画像

命がけのボールゲーム!3400年前のメキシコ球技遺跡/遠野そら・MYSTERY HOT PRESS

延期となった2020年東京五輪の一方で、古代に大ブームとなっていた球技の存在が明らかになった。古代ギリシアのオリンピアに先駆けて、命がけのゲームだったようだ。

文=遠野そら

紀元前1374年の球技場

 メキシコ南西部オアハカ州の山岳地帯で、約3400年前の球技場が発見された。発見されたのは標高2040メートルの山あいに位置するエトラトンゴ遺跡で、蓄積物に含まれた木片を放射性炭素年代測定したところ、紀元前1374年に造られ、その後、約175年もの間、球技場として使用されていたことが明らかになった。

 メソアメリカ地域ではこれまで約2300の古代球技場が発掘されてきたが、ゴムの生産地となる南太平洋沿岸などの低地が中心で、このような高地での発見は初めてだという。
 メソアメリカ地域で発展してきたとされるこの球技だが、ルールは至ってシンプル。現代でいうサッカーやバレーに似ているという。
 まず競技者は試合衣装として腰にまわしのような太いベルトのようなものを巻きつけ、腰のベルトでコートの壁に高く取り付けられた「輪」をめがけてゴムボールを打つ。そして、輪にボールを通過させることで得点や勝敗を決めていたそうだ。

試合に挑むのも命がけ!

 競技者は腰に巻いた太いベルトの他、胸部や腕、足などに伝統的な装飾品を身に着けて競技に臨んでいたとされており、スポーツというよりも宗教的な意味合いを含む儀式であったと考えられている。事実、競技者が神への使者として斬首されている石板もあることから、生け贄を伴う神聖な儀式であった可能性は高いだろう。

 このボール球技が始まったオルメカ文明は、巨石や宝石を加工する技術の他にも、高度なゴム製造技術を有しており、のちのマヤ文明やメソアメリカ文明の基礎を築いた文明だ。
 マヤ文明が現代の我々から見ても暦や天文学など高度に発達した文化を持っていたことはご存知の通り。マヤ遺跡からは宇宙人の関与を裏付けるかのような彫刻や偶像などが多数発掘されており、現在でも遺跡の近くではUFOの目撃情報が絶えないのは有名である。
 これまで発掘されたマヤ遺跡の中には、宇宙船がスターゲイトのような「輪」を通っている様子を描いた石板も発見されていることから、この時代の宗教的な儀式で行われた「輪」を通すという行動と何か関係があるのかもしれない。

 もともと五輪は、古代ギリシアにおいて神に捧げる宗教儀式だった。いつかこのボール球技が復活して五輪の新種目となる日も近いかも? 生け贄が必要なのは嫌だけど……。


★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

😎
17
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ちょっとムーでも読んでいきなよ
ちょっとムーでも読んでいきなよ
  • 220本

ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、有料マガジン「ムーCLUB」向けの記事をこちらに移しています。購読者様は広い心でムー民、ムーCLUBメンバーの拡大を歓迎してください*