見出し画像

駄菓子屋さんで発見した「かさおばけ」百態/黒史郎・妖怪補遺々々

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」!
今回は、だれもが子供の頃に出会っている、あのお化けを補遺々々しますが、最後のははたして傘なのか……??

文=黒史郎

和傘・バラエティ

【かさおばけ】【かさ化け】【からかさお化け】【一本足のからかさ】【からかさ小僧】などと呼ばれる、「傘のお化け」たち。お化け関連の児童書では、【一つ目小僧】と並んでよく見るお顔。あの妖怪アニメにも、あの妖怪ゲームにも登場する超メジャー妖怪です。

 それだけ有名なのですから、日本中に怪しい伝承がたくさんあるはず! そう意気込んで各地の民俗誌を採掘してみましたが、残念ながら今のところ「傘のお化け」はそれほど多くは確認できず。申し訳ありません……。

 ただ、傘の怪異がまったくないわけではございません。ただ、私たちのイメージする「傘にひとつ目、足1本」という、あの洗練されたヴィジュアルをもつ「傘のお化け」とはなかなか出会えないのです。

「からかさお化けって、どこにいて、どんなことをするお化けなの?」

 そうたずねられても、お答えすることが難しい存在なのです。
 でも、私たちは、知っています。このお化けのことを、その姿を知っています。
 それはきっと、日々の暮らしの中で出会う機会が多々あったからでしょう。
「傘のお化け」はずっと昔から、かるた、双六などの遊びの中に姿を見せておりました。
 思い出してください。私たちが小さいころに読んだ本、視聴したテレビ番組、お化け屋敷、玩具、お菓子、そこに彼らはいたはずです。子供たちが日常で触れる様々なものに「あの姿」は描かれていたのです。お化けなのに見た目が怖くない。どこか愛嬌があって親しみやすい。そのヴィジュアルが子供たちに受け入れられたのでしょうか。

 子供たちにとっての聖地であった駄菓子屋さん。そこにいた【傘のお化け】たちの姿を集めてみました。

ぼくらの出会ってきた「傘のお化け」たち

 そのヴィジュアルですが、ひと口に「傘のお化け」といっても、いろいろなタイプがあります。まずベースとなる傘ですが、昔から描かれている多くの「傘のお化け」は、竹や木などの骨組みに和紙を張った和傘であり、ビニール傘ではありません。
(もちろん、今ではビニール傘タイプも確認できます。『アンパンマン』には【かさおばけ】というコウモリ傘タイプのお化けが登場します)
傘がベースであることは変わりませんが、そこに付くオプションに違いがあります。

画像1

 こちらはメンコです。このような、ゆるいタッチのお化け絵柄のめんこはたくさん出ておりました。カエルと河童は傘のお友達でしょうか。河童が「傘のお化け」を持っているように見えます。いつもこうして持ち歩いて運んであげているのかもしれません。さて、この傘は目がひとつ、足が1本。下駄の赤い鼻緒が赤い本体とよく合って素敵です。表情も色合いもとてもかわいい傘ですね。

この続きをみるには

この続き: 1,103文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
ムーCLUBの記事の5月分まとめです。

ムーCLUBの記事の5月分まとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ムー民ですね!
8
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。