フィンドホーンtop

スコットランドの「妖精の園」フィンドホーンへ! 現地で体験した精霊と野菜の奇跡

スコットランドの北東部にフィンドホーンという共同体がある。この共同体は、1962年に設立されて数年もたたないうちに、世界中の注目を集めた。痩せた土壌であるにもかかわらず、自然界の精霊と人間が協力することで、巨大な作物が育ったからだ。
3人のメンバーからはじまり、半世紀以上が経過した今では約500人を擁するまでになり、奇跡はなおもつづいている。
「体験週間」に参加した筆者による現地レポートをお届け!

文・写真=文月ゆう

世界が注目するフィンドホーンの奇跡

 イギリス、スコットランドの北東部にあるフィンドホーンという共同体をご存じだろうか。
 フィンドホーン湾に面し、北緯は約57.7度。あと900キロも北上すれば、北極圏に到達する。少し離れた海岸まで足を伸ばせば、年に数回、オーロラが見えるという。
 最寄りの海岸へは、歩いてほんの数分。あたり一帯は痩せた砂地で、水分や養分が乏しい。周囲を見渡すと、ハリエニシダやハイマツが、吹きすさぶ海風を受けたそのままの姿で、いくぶん斜めに立っている。地面には、尖った葉を持つ背の低い草が根を張り、乾いた土があちこちに露出している。

画像1

共同体の入り口にある看板。敷地内は、明るくオープンな雰囲気に満ちている。(写真=フィンドホーン財団)

 アイリーン&ピーター・キャディ夫妻とドロシー・マクリーンの3人が、この荒れ地に共同体を設立したのは、1962年のことだ。
 3人は、強固な絆で結ばれていた。
 瞑想の中で、内なる神の声を聞くアイリーン。それを迷いなく実行に移すピーター。自然界の霊的存在と交流できるドロシー。彼らが互いに信頼しあい、ひとつの目標に向かって各々が力を尽くした結果、この地でさまざまな奇跡が起こりはじめた。
 また、それに吸い寄せられるようにして、世界中から才能豊かな人々が共同体を訪れ、ある者はメンバーとして共同体にとどまった。こうしてフィンドホーンはしだいに成長していき、現在では、約500人のメンバーが共同体で暮らしている。
 日本では1990年代、環境問題に関心を寄せる作家で実業家、ポール・ホーケンの著作『フィンドホーンの魔法』や、共同体の創始者のひとり、アイリーン・キャディの自伝『フィンドホーンの花』、世界中でロングセラーとなっている『心の扉を開く』、日本人ではじめてフィンドホーンの評議員を務めた寺山心一翁(しんいちろう)氏の『フィンドホーンへのいざない』(いずれも日本教文社)などがあいついで発行され、精神世界やニューエイジに興味を持つ人々の間で大きな話題となった。

 ところで、多くの人を魅了するフィンドホーンの奇跡、魔法とは何か。
 設立初期の代表的な奇跡は、砂だらけの痩せた土地で、常識では考えられないような作物が育ったことだった。重さ18キロを超す巨大キャベツ、27キロのブロッコリー、通常の数倍はあろうかというエンドウマメ、冬に生き生きと咲くバラ……。
 しかも、それを可能にしたのは、自然界の精霊や天使たちのサポートだったという。彼らは、土づくりから水や肥料の与え方まで、事細かなアドバイスをくれた。共同体の人々がそれに耳を傾け、忠実に実行したところ、あり得ないような結果になったのだ。まるでおとぎ話である。

画像2

フィンドホーンは、スコットランドの北東部、北緯57.7度にある。

 じつは、フィンドホーンを「ムー」で取りあげようという話は、2018年から出ていた。ところが、それに向けて関連書籍を読んではみたものの、フィンドホーンがどのような場所なのか、いっこうに像を結ばなかった。
 そこで、いっそ現地へ行ってみようと思い立ち、2019年7月、フィンドホーンの「体験週間」に参加した。体験週間とは、この共同体を知るための最初の一歩として、45年以上にわたって実施されているプログラムだ。参加者は、土曜の朝から金曜までフィンドホーンに滞在し、ここでの暮らしを疑似体験する。

画像3

敷地内の池には睡蓮が咲いていた。こんなにピカピカな花は、はじめて見た。

画像4

タオルの上には、フィンドホーンで使われているメッセージカードが。

 体験週間初日の金曜日、バスから降りてしばらくすると、敷地内がオープンでクリアな雰囲気と温かさに満ちているのを感じた。それは、とても気持ちのよいものだった。
 そのことと関係があるのかどうか、敷地内の植物はどれも、やたら元気で生育状態がよかった。虫に食われたものや、しょんぼりとしたものは、ほとんど見かけなかったと思う。どの植物も、愛情をたっぷりと与えられて、健やかに育ったような印象だった。犬や猫なら、飼い主に大切にされ、可愛がられているかどうかは、おそらくだれでもわかるだろう。その植物版といおうか、とにかく喜びと幸せに光り輝いているように見えた。
 そうした植物の様子は、かつてのように巨大な作物はなくなったものの、この共同体で、依然として奇跡がつづいている証拠のように思えた。
 滞在して3日目には、ちょっとした自分の変化に気づいた。なんと、きわめて頑固な肩凝りが、消え失せていたのだ! 自慢じゃないが、幼少期から肩凝りに悩まされて五十数年。肩が軽いなどと感じたのは、いったい何十年ぶりか。ほかの旅行のときに肩が軽くなったという記憶はないので、ひょっとしたら、これもフィンドホーンの魔法かもしれない。帰国したら記事にしなくてはと、メンタル面ではそれなりに緊張していたはずだが、体のほうはすっかりくつろいでいたようだ。ちなみに肩凝りは、フィンドホーンを出発する朝、律儀に舞い戻ってきた。

 話を戻そう。
 フィンドホーンでは、もちろん現在も奇跡が起こりつづけている。まずは、その礎となった3人の創始者の物語から紹介していきたい。

画像5

後列左からアイリーン、ピーター、ドロシー。前列はキャディ夫妻の息子たちだ。(写真=フィンドホーン財団)

アイリーンの試練と内なる神の声

この続きをみるには

この続き:14,159文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマ...

いいんですか? ありがとうございます。
8
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信。