ちょっと不思議431top

2機の航空機からパイロットが目撃した「ギラギラと輝く飛行物体」の話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2020年3月号、第431回目の内容です。

文=南山宏

真・未知との遭遇

 FAA(米連邦航空局)の公式発表によれば、米旅客機2機と謎の発光体との接近遭遇が、2018年2月24日の白昼、アリゾナ州フェニックス郊外はソノラ砂漠の雲ひとつない上空で発生した。
「30秒ほど前に、当機の上方を反対方向に通過した機はないか?」
 午後3時40分、高度約1万1300メートルを飛行中のフェニックス航空のリアジェットN71PG機からの問い合わせに、ニューメキシコ州アルバカーキ空港のレーダー管制官はすぐさま応答した。
「いや、1機も飛んでない」
「じゃあ、あれはUFOか、それとも新秘密兵器ってところだな」
 リアジェット機の機長はちょっと動揺した口調でつぶやいた。

 350分後、高度約1万2200メートルで同じ航路を同じ方向に飛ぶアメリカン航空のジェット旅客機エアバスA321──AL1095が同じ空域にさしかかった。
 アルバカーキの管制官は、エアバスのクルーにこう要請した。
「AL1095、次の25キロを飛行中にそちらの上方を、ええと、その──通過する物体を見かけたら、何であれすぐに知らせてほしい」
 AL1095の機長は、奇妙な要請に面食いながらも即答した。
「こちらAL1095、了解」
「そちらの前方を飛んでいる別の機から、上方を何かが通過したといってきた。レーダーには何も反応がないが、とにかく何かを見たらすぐ知らせるように」
 リアジェットの機長が再び交信に割り込んできてつけ加えた。
「何だったのかはわからんが……飛行機でなかったのは確かだ。われわれの機とすれ違うようにして反対方向に飛んでいったよ」
 ややあってから、エアバスの機長がまたもや割り込んできた。
「こちらAL1095、確かにわれわれの上を何かが通り過ぎた。正体は不明だが、少なくとも当機の真上を通過した。600から900メートルは離れていた……全体からギラギラまばゆい光を放ち、輪郭は確認できなかった!」
 エアバスのブレナス・グリーン機長は空軍パイロット歴20年を誇る飛行時間1万4000時間超のベテラン中のベテランだが、あんな怪物体は初めて見たという。

 偶然の暗合だが、スティーヴン・スピルバーグ監督の大ヒットSF映画『未知との遭遇』(1977年)は、やはりこのソノラ砂漠に着陸した異星のUFO乗員との接近遭遇事件を描いている。映画の冒頭で旅客機の機長は、UFO目撃を正式報告するかと管制塔から問われて、迷ったあげく〝目撃しなかった〟ことに。
 だが、グリーン機長は目撃後ただちにFAAに報告し、マスコミにも体験談をあけすけに語った。
 地球人類の〝UFO意識〟は、半世紀たらずでそれだけ進化したことを暗に物語っているようだ。


噛み返し

 インドはウッタルプラデシュ在住のラジ・クマール青年は、野良仕事中にヘビに嚙まれたが、負けずにその頭を嚙み砕いた。
 2019年7月30日付「デイリースター」紙によれば、父親のバムラムさんは大いに自慢した。「息子は実に勇敢だった。襲ってきたヘビの頭を嚙みつき返してバラバラにしてやったんだから」


変猫

 イギリスはブリストルのグレアムロードに住む8歳のオス猫ティガー君は、どういうわけかカラフルなプラスチック製のボールが大のお気に入り。「ウエスタン・デイリープレス」紙2018年4月20日付によれば、同年3月27日から当日までの25日間だけで、赤、青、黄など色とりどりの小さなカラーボールを、なんと50個も街のどこかから飼い主の家まで持ち帰ってきて遊んでいた。


自業自爆

 2019年8月26日付「ザ・サン」紙によれば、イラク北部の都市モスルで、過激派組織組織ISの戦闘員ヤーリク・ハキーム(仮名)が、自分の飛ばしたドローン爆弾で自爆死した。
 ヤーリクはドローンに積み込んだ多量のプラスチック爆薬を、モスル市内に展開するイラク政府軍部隊の頭上で爆発させようと、手動操作から自動飛行に切り替えてドローンを空中に送りだした。
 ところが、ドローンは電池が消耗して切れかけていたため、〝自動ブーメラン飛行〟して出発点に舞い戻ってきてしまったのだ。
 通常ドローンは、無用の紛失を避けるため、自動的に出発点に戻るようプログラムされている。


密航鳥

 シンガポールのチャンギ国際空港で離陸直前にこっそりシンガポール航空機内に紛れ込んで、イギリスのヒースロウまで密航した1羽のキュウカンチョウは、エコノミーではなくわざわざ(?)ビジネスクラスの座席を選んでいた。
 2019年1月14日付「BBCニューズ」オンラインは、航空会社の空港スタッフがこの〝有翼の密航者〟を保護して、着陸後の検疫を通す場面をフェイスブックの動画で世界に配信した。


有毒男

 権威ある科学専門誌「ニューサイエンティスト」2017年9月30日号によれば、オーストラリアはメルボルン在住の前期高齢者の男性S・K(匿名、67歳)は、血中のシアン化物(青酸塩)の濃度が、なぜか常人よりなんと25倍も高い異常値を示すことが判明した。
 5年ほど前に外科医の簡単な検診で血液中の酸素量の異常な低さが判明したのがきっかけで、この不思議な事実が明らかになったと近着の学術誌「大英医学ジャーナル」誌が発表したのだ。
 原因はまだ突き止められていないが、この男性が医師に打ち明けたところでは、60歳代に入って体力に老いと衰えを感じるようになり、健康維持の目的でアンズの種子核から取りだした自家製の抽出物質の粉末を、毎朝起きるとすぐにティースプーン2杯分ずつ摂取し、さらに内外の製薬会社が近年〝癌に効く〟という触れ込みで売り出したノヴォダリン(漢方系の果実種子抽出物)の錠剤を毎日3錠ずつ服用しているので、ひょっとするとその相乗効果がいいほうに働いているのかもしれない。


(ムー2020年3月号掲載)

いいんですか? ありがとうございます。
11
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信。