見出し画像

神による創造と進化論の融合=”有神的進化論”という情熱/宇佐和通・新ID理論

世界の創造と生物の進化は、聖書の「創世記」に基づいて考えるべきだーー。”科学的”には冷ややかな視線を浴びる創造論だが、その最前線では”科学”と”神”を共存させる試行錯誤が育まれている。創造論を追うシリーズ第3回!

文=宇佐和通

第1回 第2回

神が作った”オリジン”と進化のメカニズム

 創造論の枠組みの構造は複雑で、一種類の色合いでは決して説明できないことを前回までに示した。話はここからさらなる方向に伸びていく。今回は、有神的進化論という考え方について詳しく見ていくことにする。
 
 基本の部分だけを見るなら、有神進化論は前回触れたOEC(Old Earth creationism=古い地球説)の一形態としてとらえるのが正しい。ただ、その定義はさらに複雑化する。

ーー進化は起きたが、それは神が計画し、導いた過程である。
ーーそして神が森羅万象を計画し、創出した過程においては、他の影響が作用できる余地は一切なかった。

 このような有神的進化論では、進化論がヒステリックに否定されることはない。むしろ進んで認め、盛り込み、互換性がある要素としてとらえているのが事実だ。

画像1

創造の1日目。神によって天と地とが創られた。

 有神進化論において進化の出発点にあるのは、神によって創り出された”地球生命の共通の祖先”として存在していた生命体だ。仮に“オリジン”と呼ぶことにしよう。人類を含め、地球のすべての動物はこのオリジンから進化を遂げた。神はその後、大きな創造の構図の一部として、間接的に関わりながら地球生物の進化の過程を見守っていった。そして神は、一番大きな関与をする。最初の人間にを与えたのだ。

 有神的進化論者たちのコンセンサスは、強調されるべきは“創世記”の全体的なメッセージであり、一つひとつの言葉を意味通りに受け取るべきではないという考え方だ。

 まず、「創世記」1章および2章に記されている人々と、類人猿の祖先は同じであると考える。その理由は、すべての生物がオリジンから進化したという大前提があるからにほかならない。この時点で、ほかの創造論とは全く異なる性質の思想ということになる。そしてまさにこの部分が創造論の各セクター、特にYEC(Young Earth creationism=若い地球説)の標的となっている。有神的進化論の論拠は物証に基づく考察ではなく、感情論にすぎないというのだ。

 聖書には、森羅万象に関する知識が記されて”いない”。これを認める人々は、進化論がキリスト教の教義に大きな問題をもたらすものではないと考えているようだ。神が語るのは「自分が森羅万象を創り出した」ということだけであり、方法については何も触れていないし、その必要もないからだ。聖書、特に『創世記』の目的は森羅万象のメカニズムについて語ることではなく、神がメカニズムを創り出した事実をあまねく知らしめることだ。

 これに近い考え方の人は科学者の中にもいて、“キリスト教的進化論者”と呼ばれることもある。ただ混乱が生まれないよう、この原稿では有神的進化論という言葉だけを使って話を進めていくことにする。

決定的な違いは“魂“

 有神的進化論の基本的な部分をさらに確かめていこう。
 進化は事実として起き、その過程には創造主の知性が絶対的な形で関わっていた
 多くの有神進化論者が進化の過程において創造主の直接的な関与があったと信じているが、関与の度合いに限って言うなら、かなり幅があるように感じられる。有神進化論とは、基本的に進化論と創造論の間に位置するものであり、進化論寄りの思想も創造論寄りの思想もある。黒から白へと至るグラデーションのように、無数に存在すると言っていいだろう。
 たとえばこういう考え方もある。
 神は森羅万象を形作る物質を創り出し、それが単細胞生物となり、すべての生命体がそこから進化していく過程を導き、見守った。その過程を経て存在しているのがわれわれ人間だ。進化の過程は、神が森羅万象の姿を今のようにするために方向づけていく方法論だった。

 有神的進化論では、人類が原始的な形の生命体から長い時間をかけて進化したと考える。これを踏まえた上で、以下を読み進めていただきたい。

 アダムが生まれる前の時代の地球では、“人間以前”あるいは“人間直前”と形容すべき生物の集団が暮らしていた。こうした集団の中からアダムが生まれた時、神は自ら彼を選び出し、息吹を与え、これによって本当の意味での人類の父祖が誕生した。こうしてアダムは、人類の最初の一人となった。
 いわゆる化石人類や他の種類の類人猿と人類の関係については、何の問題もない。なぜなら、今の人類は神の息吹を受けて初めて人間となったアダムから続く系譜なので、それ以前の人間に似た存在とは一線を画すからだ。
 神はもちろん、他の類人猿に対しても同じように、彼らなりの進化を遂げていく道筋をつけた。類人猿は類人猿で、そして結果的に現生人類になる生き物のグループもそれぞれの系統で進化を続けた。こう考えれば、すべての生物が一種類の単細胞生命体を源にしているという大原則が破綻することもない。「森羅万象の源、そしてすべての命は、神の命令により創り出された」という教義が基盤となるからだ。

 こういう言い方もできるかもしれない。
 アダムに息吹=魂を与えたことこそが、神と人間との間に交わされた最初の契約であり、それについて語る『創世記』が含まれた旧約聖書は、まさに契約を示す記録にほかならない

画像3

「アダムの創造」12世紀。

この続きをみるには

この続き: 5,113文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
11
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。