見出し画像

それは祟りか災害かーー海を渡る鼠の脅威/黒史郎の妖怪補遺々々

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、“忘れ去られた妖怪”を史料から発掘! 今回は、襲い来る「海の鼠」にまつわる奇譚の数々を補遺々々します。

文・絵=黒史郎

浮島を襲った”海の鼠”

 宮本常一の著書『周防大島を中心としたる海の生活誌』には、【海鼠】というものが見られます。ナマコではありません。読みは「うみねずみ」。

 これはなんでしょうか。

 資料によると、山口県大島郡日良居村(現・周防大島町)の浮島(うかしま)には、「化け物」の伝承がありました。どんな姿をしているのか、どんな恐ろしいことをするのか、詳しいことは書かれていませんが、人々にとってよほど害のあるものだったのか、この化け物のために島を焼き払ったとあります。
 その後、祟りを恐れて作られたのが磐尾神社なのだそうです。
「一説には蛇が多かった」ともあるので、化け物とは蛇だったのかもしれません。

 問題は、この化け物騒動の後です。
 浮島に再び、危機がやってくるのです。

――海鼠の襲来です。

 今回のテーマは”海の鼠”です。

大蛇と大ねずみ

『周防大島を中心としたる海の生活誌』には、このような話があります。

 ある晩、ひとりの漁師が海面に鰯の群れの動きを見つけ、すぐに網を置きました。しかし、引き揚げてみるとそれは鰯ではなく海鼠の群れで、たちまち網は食い破られてしまい、鼠たちは島中に逃げてしまいます。
 島に上陸した海鼠たちによって島内の作物は食い尽くされるところでしたが、石祠のコージンサマによって封じ込めることができ、なんとか全滅を免れました。

――島を襲った、海を渡る海鼠。これは化け物の類なのでしょうか。

 山口県の浮島の公式ウェブサイトを見ますと、浮島には【大蛇】【大ねずみ】の伝説があることがわかりました。島に移住した人々は、こうした化け物どもを退けながら島を開拓していったのです。
 大ねずみを退治するときに建てられたのが江ノ浦明神(磐尾神社)で、ねずみの墓もいくつか残存しているそうです。
 また同サイトには、磐尾神社は「島の悪霊を退散させるため」に建てられたとも書かれており、安永年間に流行した悪疫を退散させたという樽見観音なども紹介されています。

 島を襲った鼠たちは悪霊という扱いだったのでしょうか。

怪蛇と大鼠

 そこで、『防長風土注進案』に海鼠の記録がないかを捜してみました。
 これは1842年に萩藩が編纂した地誌で、各町村の田畑の面積、船の数、家畜の頭数といった統計数値などが載っており、社寺の縁起も見られます。その中に島を襲った大蛇と大鼠の伝説もありました。

 樽見の森村というところに、長さ2丈あまりの【黒蚖蛇】という蛇が現れました。「蚖」はマムシやイモリを指す語。6メートル以上ある黒い毒蛇が現れたのです。
 この蛇、頭に角が生えており、どのような形なのかはわかりませんが耳鼻もすべて備わっているとあります。わざわざ書くくらいですから、蛇らしい耳鼻ではないのでしょう。そんな恐ろしい姿をもつ化け物ですが、宝王大明神の祠官が大明神に祈念し、札守を蛇の前に立て置くと、すぐに退散したそうです。
 それから10日余り過ぎて。
 今度は一尺ほどの【大鼠】が何千万匹も現れ、作物や野山の草木を食い荒らしました。しかしこれも宝王大明神より三宝荒神を勧請し、岩尾大明神として奉ることで災いは収まったそうです。

 これは、『周防大島を中心としたる海の生活誌』にあった、島を焼かねばならぬほどの化け物と、その後にやってきた海鼠のことを語っているのでしょうか。

金色の目の大鼠の群れ

この続きをみるには

この続き: 1,881文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
ムーCLUBの記事の6月分まとめです。

ムーCLUBの記事の6月分まとめです。

マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
8
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。