見出し画像

うらやましかっただけなのに…「隣の爺」の悲喜劇/黒史郎・妖怪補遺々々

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」!
今回は昔話でおなじみのバイプレイヤー「隣の爺」の悲しき顛末から補遺々々します。

文・絵=黒史郎 #妖怪補遺々々

昔話の悪役

 関敬吾『日本昔話集成』の目次を見ると、「隣の爺」という章があります。
 昔話における「隣の爺」とは、主人公の家の隣に住む爺さんのことです。昔話によく登場するキャラクターで、とくに主人公が正直者で優しくて無欲な爺さんですと、隣に住んでいるのは強欲で残酷な性悪爺さんであることが多いです。これは爺さんに限らず、婆さんのこともありますし、夫婦そろっての場合もあります。
 性格の悪さもいろいろで、金にいじきたない程度ならまだいいのですが、よそ様が大事にしている飼い犬まで殺してしまう危険な爺さんもいます。
 昔話の主人公は大抵、ありえないくらい良い人柄なので、そんな爺さんとも大きな隣人トラブルになりません。

 さて、現実にいたら大変困る「隣の爺」ですが、昔話にはとても大切な存在。物語をより面白くしてくれる、欠かせないキャラです。良い爺さんが良いことをして幸福に暮らすというエンディングも素敵ではありますが、そこに性悪キャラが加わることで物語に良い刺激を与えてくれますし、記憶に残る印象的なラストにもなります。
 だいたいは正直爺さんが何かをすると良いことがあり、それにあやかろうと真似をしたら失敗し、痛い目に遭う……という役回りですが、それだけでは終わらない爺さんもいるのです。

 今回はそんな「隣の爺」をご紹介します。

鳥を呑んで屁を奏でる

「隣の爺」が登場する昔話はいくつもありますが、今回は「鳥呑み爺」と呼ばれるお話。
 有名な昔話なので簡単に説明いたしますと――。

 お爺さんがうっかり鳥を飲み込んでしまい、腹の中から鳥の鳴き声がするようになってしまいます。その声がとてもきれいで面白く、殿様に聞かせるとこれがたいそう喜ばれ、たくさんの褒美をもらいます。
 それを知った隣の爺さん、自分も真似をしようと、さっそく鳥を呑んで殿様のところへ向かいます。ところが、きれいで面白い鳥の声は鳴らず、ひどい音が鳴って、殿様を怒らせてしまいます。そして、哀れ隣の爺は処罰を受けてしまう――というお話です。

 各地に類話があり、鳥を呑むことになるきっかけ、鳥が鳴き声を発する場所、鳥の鳴き声などもさまざまです。

この続きをみるには

この続き: 1,647文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
15
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。