アンコールワットtop

古代インドで核戦争が起きていた!? アンコール・ワットの「大量破壊兵器壁画」/鈴木革

神器「ブラフマンシラス」は弾道ミサイル、怪鳥「ハンサ」は神々が搭乗した宇宙船ヴィマーナか!? 古代インド神話から読み溶ける核戦争の描写は有名だ。その有力な記録が、遠く離れたカンボジア、アンコール・ワットの遺跡に残されていた!

文・写真=鈴木 革

叙事詩に描かれた古代核戦争の姿

 古代インドで核戦争が起きていた──!
 本誌読者なら、その話はよくご存じのことだろう。根拠となっているのは有名な叙事詩『マハーバーラタ』や『プラーナ』などの記述だ。なかでも『マハーバーラタ』は世界最大の叙事詩で、紀元前10世紀ごろに起こった親族間の戦争を、吟遊詩人たちが伝えるうちにさまざまな要素が混ざって膨らみ、5世紀ごろに現在の形になったといわれている。
 その『マハーバーラタ』にあるのが、次の一文だ。少し長くなるが、引用してみよう。

「アシュヴァッターマンは烈火の如く怒り、戦車の上で口を丁寧にすすぎ、炎の輝きの神器アグネーヤを呪文とともに発射した。無数の矢は空を覆い炎に包まれアルジュナの頭上に落下した。
 悪魔鬼神たちが騒ぎ、不吉な風が巻き起こり、天地は波立ち、太陽は光を失って逆の方位に向かった。神器におののいた戦象は突然駆けだして逃げる。水は熟せられ水棲動物が暴れまわる。
 落下するアグネーヤに灼かれた将兵は、山火事の樹木のように次々と倒れていった。それはユガ(宇宙時間)の終わりに一切を焼き尽すサンヴァルタカ(宇宙破壊の火)のようであった」(『マハーバーラタ』第4巻/山際素男訳より抜粋/筆者意訳)

画像1

アンコール・ワットの回廊には、古代インドの物語が刻まれている。これは叙事詩『ラーマーヤナ』のラーマ王子とハヌマーン。

攻撃された地域一帯が荒涼とした大地に変貌

 ここに登場する「炎の輝きの神器アグネーヤ」とは何なのか? 「無数の矢」が「空を覆い炎に包まれ」るとは、どのような状況なのか? そしてそれ以下の大地の描写は、何が起こったと告げているのか?
 確かなのは、どう読んでも古代の原始的な戦争ではない、ということだ。まさに現代の核戦争を描写したとしか考えられないのである。
 しかも、『マハーバーラタ』には、「神器ブラフマンシラスが攻撃した地域一帯は、12年間一滴の水も降らず大旱魃に見舞われる」という記述もある。この兵器を使うと大地は死の世界と化すわけで、神器ブラフマンシラスとは、まさに核弾頭を積んだミサイルそのものである。それゆえ、古代核戦争説には説得力がある。
 ちなみに「アグネーヤ」と「ブラフマンシラス」だが、『マハーバーラタ』を詳しく読むと、両者が同一の兵器を指していることがわかる。
 同書は1000年以上にわたる編纂のせいで固有名が煩雑になっており、神器も多種登場するうえに同意異名が多く、文脈上の不統一が著しいのだ。
 実際、英語資料ではアシュヴァッターマンの神器はブラフマンシラスとなっている。したがって本稿でも、ブラフマンシラスで統一する。

古代ヒンドゥー神話もうひとつの都とは

この続きをみるには

この続き:3,176文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマ...

いいんですか? ありがとうございます。
9
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信。