見出し画像

現代アメリカを覆う”オバマゲート”の闇と2023年世界大戦! イルミナティカード予言/嵩夜ゆう

最近、大いに高まっているオバマ前大統領にまつわる数々の疑惑ーー通称「オバマゲート」の背後には、とてつもなく深い闇が横たわっていた。
しかもそのすべては現代の予言書ともいわれる「イルミナティカード」によって予言されていたのである!

文=嵩夜ゆう
*関連記事:「イルミナティカード予言」「イルミナティカード予言の2020年以後」

ウォーターゲート事件

 2020年の5月くらいから、SNSなどで、急に騒がれはじめた言葉がある。「オバマゲート」——アメリカで1972年に起こった「ウォーターゲート事件」をもじった造語で、主に政財界の隠蔽事件や陰謀などという意味で使われることが多い。

 そもそもウォーターゲート事件自体、きわめて不可解なものだった。
 その内容をごく簡単にいえば、当時のニクソン大統領陣営が、対抗する民主党党本部に盗聴器を仕掛けようとしたことが発覚した、というものだ。
 具体的な事件としては、盗聴器設置についての指示や、さまざまな国家機密にかかわる内容について、大統領執務室で選挙関係者にニクソン大統領が話している録音テープの存在が明らかになっている。また、裁判の証拠として提出されたこのテープには、18分30秒の空白の時間が存在するのではないか、という疑惑も指摘された。
 関係者の証言によれば、その部分は意図的な空白ではなく、何も録音されていなかっただけだとされていたが、それもやがてひっくり返される。2005年、リークを行った人物、通称ディープ・スロートは自分のことだと、当時のFBIの幹部だったマーク・フェルトなる人物が名乗りでたのだ。そして問題の空白の18分30秒については、自身の指示によって意図的に、当時としては最新技術の正磁化装置を用いて空白状態に戻させた、と証言したのである。
 だが、その18分30秒の間に、どんなことが語られていたかについては、依然として謎のまま残された。

イルミナティカードが疑惑の結末を予言!

 今回の記事の小手調べとして、この「ウォーターゲート事件」に関するイルミナティカードの予言を紹介する。
 イルミナティカードは、1982年に発売され、1995年に販売中止を命じられた、いわゆるゲーム用のカードだ。テーマはいわゆる陰謀的なものが中心になっているのだが、現在それを確認してみると、かつてはだれも想像しなかったような出来事や事件、時代を経てようやく明かされた真実などが、数多く「予言」されていたのである。その意味で、まったくもって摩訶不思議なカードなのである。

 さて、そこで「18 1/2-Minute Gap」というタイトルのカードだ。

画像2

「18 1/2-Minute Gap」。このカードは、フィルム部分が2と0、リール部分が0を意味している。

 ウォーターゲート事件のキーワードである「18分30秒」を意味するカード名だが、その図柄を見ると、フィルムの部分が2と0、リール部分が0という数字に見える。さらに不自然に出された右手小指をリールを持っている4本の指と足し、これを5と解釈することで、「2005」という数字が浮かび上がってくる。つまりこのカードは、ウォーターゲート事件が事実であったことが、2005年になって確定すると予言していたということになる。

 と、これはまだ、ほんの一例にすぎない。それにしても、なぜここまでイルミナティカードの内容は現実になってしまうのか。
 もちろん、正確なところはわからない。世界は最初から予定調和にできていると嘯く者もいるし、あらかじめ何かが記されていれば、それはいつか必ずどこかで成就するからだ、という者もいる。なかには、ナチス・ドイツの秘密儀式に基づいて「呪い」がかけられているのだという噂もあるが、真偽は不明だ。

 ただ、イルミナティカードが、多くの謎に包まれていることは間違いない。たとえばカードの製作者や販売会社、あるいはなにか証言を取れそうな人物を捜しても、だれにも行き当たることはできない。ようやく連絡が取れても、自分はただ名前を貸しただけ、というのだ。そのため、カードが作られた経緯を調べることも、きわめて困難なのである。

画像3

画像4

(上)最後になったイルミナティカードの1995年のパッケージ。(下)書かれているデータから、はじまりは1982年であることがわかる。

アメリカを震撼させる”オバマゲート”とは何か

 さて、いよいよ本題のオバマゲートに入っていくわけだが、これは簡単にいうと、オバマ前アメリカ大統領およびかつてのアメリカ大統領候補に絡んだ、さまざまな疑惑のことをいう。

 その内容は多岐に渡っているが、たとえばこんな内容である。オバマ前大統領は歴代の大統領中で、もっとも多く暗殺命令を出している。そのほとんどは口頭であった。プロジェクト・ペガサス(アメリカの軍産学複合体が秘かに進めてきたとされるタイムトラベルおよび火星テレポーテーション計画)に参加したことによって、大統領になったのではないかという噂がある。トランプ政権への譲渡期、FBIとCIAの幹部を呼びだし、アメリカ合衆国法に基づいてトランプ政権を捜査するように命じたーー。
 こうして並べただけでも、かなりスキャンダラスな話だ。とくに最後など、ウォーターゲート事件とほとんど変わらないかもしれない。

 しかし、筆者にいわせれば、これらもまだ大した問題とはいえない。
 オバマゲートにおける、本当に深刻な問題とは、アメリカ合衆国の存在そのものにかかわる、複雑で根深いものだからだ。

画像1

「Enough is Enough」のカードは、トランプの登場を予言したとされる。

オバマとはだれなのか? 学生のすり替わり事件

 まず最初のイルミナティカードは、「Secrets Man Was Not Meant to Know」。日本語に訳すと「秘密の多い男は存在を知られるべきではなかった」

画像5

オバマを示すとされる「Secrets Man Was Not Meant to Know」。訳すと「秘密の多い男は存在を知られるべきではなかった」となる。

 図柄を見ると、バラク・オバマ前アメリカ大統領にそっくりだ。そして、オバマ前大統領にまつわる都市伝説のような疑惑は、まさにこのカードのタイトルどおりなのである。
 たとえばオバマゲートのなかでも、もっとも信じがたく、複数の証拠がつきまとっているのが次の疑惑だ。
 いわく「バラク・オバマ前大統領、本名バラク・フセイン・オバマは、バラク・オバマではない」というのである。
 どういうことか。
 アメリカ合衆国では、住民確認は州ごとに管理されており、連邦政府が持っている情報はあくまでバラバラの情報でしかない。そして、身分を証明するために必要な書類の大元は、出生証明書なのである。つまり、アメリカ合衆国で生まれたという証明書がなければ、免許や社会保障番号などあらゆる身分証の発行がなされないのだ。
 ただし、この法律には決定的な穴がある。
 たとえばカリフォルニア州で生まれ、その後、ユタ州に移動し、亡くなったとする。その場合、カリフォルニア州ではこの人物はいまも、何もしていない人物という扱いになる。仮に移動したユタ州で何の公共サービスも受けず、郵便の転送届や銀行口座の変更届を行う前に亡くなっていた場合、カリフォルニア州の出生証明書は有効なのだ。
 そこで——。
 コロンビア大学在籍のバリー・ソエトロという学生が、アメリカ市民になるためにバラク・フセイン・オバマという人物の出生証明書を闇で購入し、成りすましたという疑惑がある。
 ただし、現実的には年齢や外見、人種が変わらず、しかも親族にもばれない形で不正な出生証明書を取得・利用するというのは、フェイスブックやツイッター、インターネットによる情報統合がなされた90年代後半にはほぼ不可能になっている。
 ところがこのケースは少し違う。
 ともあれ、下の写真をご覧いただこう。これがコロンビア大学の留学生、バリー・ソエトロの学生証だ。
 どうだろう。若いころのバラク・オバマにそっくりである。

この続きをみるには

この続き: 8,586文字 / 画像29枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
16
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。