見出し画像

異星人グレイ=ファンシー説! 地球外から来た平成の隣人たち/山下メロ・平成UMAみやげ

バブルをまたいだ平成は、いわゆるオカルト事象がやんわりと世に受け入れられていた時代でもある。「ファンシー絵みやげ」研究家の山下メロが、当時を彩った”UMAみやげ”の世界をご案内。
前回に続いて「UFO編」をお届け! エイリアン・グレイの登場だ。

前回はこちら #平成UMAみやげ

文・写真=山下メロ

異星人のほうのグレイ

 前回、平成におけるUFOを描いた観光地みやげについて紹介いたしました。その流れで今回は、UFOの搭乗者である異星人(エイリアン)もまた、
観光地に紛れ込んでいたことを報告したいと思います。

 地球という星で文明を築いた人類。それ以外、広い宇宙に存在する異星人は、それこそ星の数ほどの種類があることでしょう。中でも、地球において特に有名な異星人である「グレイ」に焦点を当てていきます。

画像1

グレイといえばこういう姿(ロフト横浜のムー物販イベントにて)。

 大きな頭に、黒くて大きな目、小さな鼻と口。体が灰色であるためにグレイと呼ばれました。いくつかの目撃証言や事件によって宇宙人のイメージを決定づけたグレイが、長い時を経た平成時代に、なぜか観光地をにぎわせました。

 特に思い出されるのは、90年代に流行したアメリカのストリートブランドBESCHWA(ビシュワ)の存在です。

01 繝薙す繝・繝ッ

「NEVADA U.S.A.」とグレイの顔、そして「ALIEN IS BEAUTIFUL」。こちらはキーホルダーですが、グレイタイプのエイリアンをあしらったアパレルを多数販売していました。

観光地のエイリアン

 筆者が主に研究しているのは、「ファンシー絵みやげ」です。
 1980年代から1990年代にかけて、日本中の観光地や温泉、スキー場などの土産店や観光施設の売店などで売られていた子ども向け雑貨みやげです。

画像3

 日本語の文章を手書きローマ字で書く、人物は二頭身にデフォルメして子どもっぽい漫画風に、動物は服を着た直立二足歩行などのように擬人化されるのが特徴で、そういったイラストをキーホルダー、定規、湯呑み、財布、ペン立てなど、実用性のある商品にプリントして観光地で売っていたのです。

画像4

 しかし、そもそもが二頭身に近く、顔もデフォルメされたように簡素であるグレイは、もはやファンシー化されることもなく、そのまま商品化されていたのです。

 グレイについては、よほど特徴的な描き方でもない限り著作権もないでしょうから、宇宙に興味を持つ子どもの心くすぐる良いモチーフだったのでしょう。数えきれないほどの商品が見つかっています。

この続きをみるには

この続き: 979文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
14
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。