新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

W・シャトナーが語る世界の怪奇現象ーー「気象兵器」と「予言」の仕組み/宇佐和通

『スタートレック』でカーク船長を演じたウィリアム・シャトナー氏が製作総指揮兼アンカーとして参加している番組『W・シャトナーの世界の怪奇現象』シーズン1の後半が、9月23日(水)より日本で放送される。
放送開始まで間もないタイミングでアメリカとZOOMでつなぎ、インタビューが実現した。シャトナー氏の番組に賭ける意見と、怪奇現象に関する個人的な見解を聞き出すことができた。

文=宇佐和通
協力=ヒストリーチャンネル

『W・シャトナーの世界の怪奇現象』

「W・シャトナーの世界の怪奇現象」は、いわゆる心霊現象から吸血鬼伝説、カルト集団の内部事情、日本の青木ヶ原樹海など、幅広い分野でリサーチを続ける人気番組。その「シーズン1 後編」が2020年9月23日(水)から日本で放送開始となる。
 番組アンカーを務めるW・シャトナー氏に取材する機会を得たのだが……「不思議なこと」全般を聞く時間はなかったーー。
 そこで選んだのが、ふたつのエピソード、『不可思議な気象現象』と『恐るべき予言』についてだ。

【MAIN】Wシャトナー S1後編©2020 A&E Television Networks. All rights reserved.

ウィリアム・シャトナー氏。監督・俳優。1931 年3 ⽉22 ⽇カナダモントリオール出⾝。2010 年バンクーバーオリンピック閉会式では、スピーチを担当した国⺠的スター。『スタートレックシリーズ』カーク船⻑役で知られ、『ボストン・リーガル』デニー・クレイン役でエミー&ゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞している。
©2020 A&E Television Networks. All rights reserved.

気象兵器の存在と運用にまつわる陰謀論

画像2

©2020 A&E Television Networks. All rights reserved.

 まずは、HAARPが中核となる『不可思議な気象現象』で紹介されているミズーリ州セントルイスのランドマーク「セントルイス・アーチ」について尋ねてみた。

ーーこの巨大建造物はHAARPプロジェクトと何らかの関わりがあって、結局は軍部による天候の兵器化につながっていくということなのでしょうか?

「アーチの材質が天候に何らかの影響を与える可能性をはじめ、さまざまな仮説があるが、結論から言えばどれも可能性がある仮説だと思う。ただ、究極の目的である天候の兵器化を考えているのは決してアメリカだけではない。世界のどの国も考えることだろう」

ーーHAARPプロジェクトと天候コントロールの関係性について、どう思われますか?

「森羅万象の一部である地球には、われわれ人間にはおぼろげにしかわかっていない力が宿っているはずだ。細かなメカニズムまでがすべて解き明かされているとはとても言えないし、私たちがまだ知らない力が存在するかもしれない。すべての要素を考え合わせると、大小さまざまな種類のエネルギーを駆使して天候を自由に操るというテクノロジーの構造はあまりにも複雑になるだろう。今必要なのは、天候をコントロールするのではなく、地球規模での天候に悪影響を与えるものを減らしていくという方向性の考え方だと思う。それを通して、かつての時代の地球を包んでいた平穏さが戻ることだろう。そうした上で地球と手を携えていくことが大切だ」

ーーセントルイス・アーチがテスラコイルのような働きをしていたとは考えられませんか?

「どんなことにも可能性はある。アーチがエネルギーの伝導体として機能していた可能性も否定できない。ただ、巨大なエネルギーがどこに伝わってどのような影響を与えるのか、それについて詳しくはわかっていない。それに、テスラコイルの構造が細部まで明らかになっているわけではない。科学には、理論に偏りがちで、事実が後回しになってしまう面があると思う」

ーーHAARPプロジェクトについて、指摘したいポイントはありますか?

「地球を包む網のような構造の概念に対する議論が高まったことがある。微弱なエネルギーが網状になって地球を包んでいるという言い方もできるだろう。この網は電気インパルスを伝導する性質があって、樹木から樹木へと伝わっていくことがわかっている。樹木は、低エネルギーの電気インパルスを介してお互いにコミュニケーションを取っている。地球全体を覆うネットワークがある。直接目で見ることはできないとしても、確実に存在している。森羅万象を貫くネットワークのようなものも存在するだろう」

ーーHAARPプロジェクトに関する陰謀論が存在しますが……いわゆる陰謀論は信じますか?

「陰謀論が生まれて広く知られるプロセスには、多くの人間が関与しなければならない。関与する人たちすべてが同じ方向性の思考を共有していなければならない。私は、こうしたことが可能だとは思わない。陰謀論の存在が正当化されるのは、タブロイド新聞の記事だけだ。まことしやかにささやかれる陰謀論があったとしても、いつの間にか誰も話さなくなる」

画像3

©2020 A&E Television Networks. All rights reserved.

予言行為と、それを取り巻く世界の仕組み

 もうひとつの気になるエピソード『恐るべき予言』に関しては、アメリカの有名サイキックであるシルビア・ブラウンが2008年に書いた本で触れていたコロナウイルスに関する予言について尋ねないわけにはいかない。

ーーシルビア・ブラウンの予言についてご存知ですか?

「本当に不思議なのは、彼女が残した言葉ではないのかもしれない。私が思うに、不思議な現象は予言も含めたプリコグニション=予知だ。現象として存在するもの、あるいはするであろうものについての感覚と言ったらいいだろうか。私は、時間と空間というものを完全に理解できていない。人間は、森羅万象の中で自分たちが置かれる点を時間という言葉で表現しているのではないだろうか」

ーー現象全体を俯瞰して、予言を捉えているんですね。

「フォトン・エクスペリメントという実験が行われたことがある。この実験の結果、フォトン=光子が自らの意思を持つかのように進むことがわかった。フォトンの流れが波になって進み、それが時間の概念の元となるのではないかという説がある。これは、われわれ人間という存在の本質にもかかわってくるはずだ」

「プリコグニションという現象は、私が最も不思議であると思うもののひとつにほかならない。ノストラダムスも同じものを感じ取っていたと思う。第二次世界大戦中では、いわゆるサイキック=超能力者たちが作戦行動に協力した。そして、水晶の破片はどんなに離れた別の場所に置かれていても同調するという事実がある。現時点でこの現象に関して私が言えるのは、謎が謎を呼ぶということだけだ。プリコグニションという現象を考える上で、量子物理学の概念は大切だと思う。ものを存在させる力とは何か。突き詰めて言うなら、私たちが存在する意味とは何なのか。話はそこまで行かざるを得ないだろう」

画像4

©2020 A&E Television Networks. All rights reserved.

「なぜわれわれはここにいるのか?」

 このあたりで持ち時間がなくなってきた。最後に『W・シャトナーの世界の怪奇現象』の放送を楽しみに待っている人たちに向けてのメッセージをいただいた。

「この番組は、説明不可能なミステリーの数々で日本の視聴者の皆さんを驚かせることになると思う。人間にとって最大のミステリーはわれわれがなぜここにいるのかということだ。この疑問に答えが出されたことはない。われわれは、さまざまな現象の答え追い続ける。人間は好奇心に満ちた存在だ。その好奇心は遺伝子レベルで刷り込まれている。心奪われるミステリーを数多くお届けするこの番組は、きっと日本の皆さんにも気に入っていただけるだろう」

画像5

©2020 A&E Television Networks. All rights reserved.

 シャトナー氏がカーク船長を演じた『スタートレック』のキャッチフレーズは、「前人未踏の世界に勇敢に旅立つ」だった。シャトナー氏は、リアルライフでもこれを実現しようとしているにちがいない。



★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。

 

 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
21
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ちょっとムーでも読んでいきなよ
ちょっとムーでも読んでいきなよ
  • 274本

ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、有料マガジン「ムーCLUB」向けの記事をこちらに移しています。購読者様は広い心でムー民、ムーCLUBメンバーの拡大を歓迎してください*