怪談解題水難子供top

「流される子どもたち」奇譚/吉田悠軌・怪談解題

毎年、全国のどこかで必ず起きてしまう、いたましい水の事故。
その犠牲となるのは幼い子どもたちであることが多いが、「子どもの水難」にまつわる怪談には、恐怖だけでは終わらない側面があった。

怪談1 事故現場に映るずぶ濡れの少女

「かなり昔の話ですが、吉田さんに質問したいんです」
 文子さんという友人から、とある奇妙な依頼を受けた。
 20年前、関東の川原でキャンプをしていた男女18人が、悲惨な水難事故にあった。数度にわたる避難注意を無視した後、大雨で増水した中洲に取り残されてしまったのだ。
 救援活動もむなしく、ついに彼らは濁流に呑み込まれた。そして幼児もふくめた13名はそのまま死亡。流された直後に岸辺へと放り投げられた赤ん坊、および運よく対岸に流れ着いた大人3名、子ども1名の、計5名だけが助かることとなる。
 今でもインターネットの話題によくのぼる事故なので、思い当たる読者は多いだろう。
 そのとき、文子さんがテレビ画面で見ていたのは、救助された子どもがひとり、毛布にくるまれ搬送されるところだった。痛ましいシーンである。しかし眉をひそめて見つめるうち、画面の端に気になるものが映りだした。
 川原のこちら側で、スクール水着の少女が体育座りをしている。髪も体もびしょ濡れのまま、じいっと濁流を見つめている。しかし周囲でせわしなく動く救助隊も報道陣も、いっこうに女の子を気にする素振りがない。
 この子は被害者のひとりなのか? だとしたらなぜ毛布で包んだり、救急車に運んであげないのか? そもそもずっと未成年の横顔が映されているのに、カメラはよけないのだろうか?
 もちろん当時の現場に、そんな少女が座っているはずがない。

 数日たって事故詳細が判明するうち、文子さんもあれが「いるはずのない少女」だと理解していく。そこでそれとなく、会社の同僚に質問してみたのだ。
「ねえ、あの川原の事故だけど……ニュース画面に、スクール水着の女の子が映ってるの見なかった?」
 すると、その同僚は驚いた顔で、こんな答えを返してきた。
「この前、知り合いが同じこといってましたよ」
 事故当日、同僚はチャットルームで常連たちと会話していた。ちょうどテレビで事故の映像が流れていたため、そちらに話題が流れていく。そのうちのひとりが「黒い水着をつけた女の子が川原に座っているけど、あれなに?」と質問してきたのだ。
 しかし同僚にも他のメンバーにも、少女は見えなかった。全員が同じチャンネルに合わせているので、カメラアングルの違いなどは関係ない。
「私もここ数日、それが気になってまして」
 念のため同僚は、他のネット掲示板もチェックしてみたそうだ。すると「黒い水着の少女を見た」という書き込みが、いくつか発見された。「女の子いたよね」「あれはなんだったんだろう」と同調する反応もあったが、やはり大多数の人間にはわからないようだった。
 ……あれは自分だけの見間違いではなかった。
 少数派とはいえ、同じものを見て同じ違和感をもった人々がいるのだ。それは文子さんにとって、むしろ無気味な共鳴だった。
「久しぶりに思い出したら気になって……。こんな噂があるかどうか、吉田さんならご存じじゃないですか?」

画像7

子どもの水難と心霊の関係

この続きをみるには

この続き: 3,279文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ムーCLUBの記事の1月分まとめです。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」で配信された有料記事の1月分セットです。

または、記事単体で購入する

「流される子どもたち」奇譚/吉田悠軌・怪談解題

ムーPLUS

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
10
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。