並木フォーティアンフラットウッズtop

「3メートルの異星人」に新事実が発覚!! フラットウッズ・モンスターの正体/並木伸一郎・フォーティアンFILE

UFO、UMA、超常現象など、世界にはびこる謎を、並木伸一郎が鋭く切り込む。今回は、3メートルの異星人として知られる「フラットウッズ・モンスター」の真実に迫る。

文=並木伸一郎

刺激臭を放つ異形の怪物

 1970年代、空前のオカルト・ブームに沸く日本に“上陸”した「3メートルの異星人」の奇怪な姿を覚えている方も多いだろう。近年では「フラッドウッズ・モンスター」と呼ばれる異形の存在は、目撃から70年がたとうとする今でも、多くの謎に包まれている。
 本稿では、このフラッドウッズ・モンスターに焦点を当て、最新の研究報告とともに、その正体を探っていきたい。

画像1

メディアに報道されたフラットウッズ・モンスターは、実際に目撃された姿形と違ってイラスト化されている。

 この驚くべき事件を世に初めて報じたのがUFO研究家のグレイ・バーカー。彼は1953年9月、自ら発行した「SAUCERIAN」創刊号の誌上で、詳細な現地取材レポートを特集した。

 第一次資料にもとづくと、怪物が姿を現したのは1952年9月12日。同日午後7時15分ごろ、アメリカのウェストヴァージニア州ブラクストン郡のガザウェイ方面に、輝く物体が尾を引きながら落下。その様子がガサウェイの北西10キロ地点のフラットウッズに住む3人の少年、エディ・メイ(当時12歳)、フレディ・メイ(当時10歳)、トミー・ハイヤー(当時6歳)によって目撃された。
 校庭で遊んでいた3人は急いで家に戻ると、メイ兄弟の母親キャスリーン・メイ(当時32歳)にUFOを目撃したと報告する。
 キャスリーンは隕石の落下だと思ったものの、メイ兄弟のふたりに加え、ニール・ナンリー(当時14歳)、テディ・ニール(当時13歳、10歳説もあり)、ロニー・シェイヴァー(当時10歳)の3人の子供たち、そして州兵のジーン・レモン(当時18歳)と一緒(トミーも帯同したという説もある)に現場まで行ってみることにした。

画像2

子供たちが目撃した火の玉のスケッチ。

この続きをみるには

この続き: 3,735文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ムーCLUBの記事の2月分まとめです。記事それぞれでも100円~200円で配信していますので、2~3本気になったら、こちらがお得です。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)で配信された有料記事の2月分セットです。

または、記事単体で購入する

「3メートルの異星人」に新事実が発覚!! フラットウッズ・モンスターの正体/並木伸一郎・フォーティアンFILE

ムーPLUS

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

見つけてしまいましたね。
5
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。