見出し画像

獲物の血液を吸い尽くす! 吸血怪獣チュパカブラの基礎知識/ムーペディア

毎回、「ムー」的な視点から、世界中にあふれる不可思議な事象や謎めいた事件を振り返っていくムーペディア。今回は、中南米を中心に多数の目撃報告がある謎の吸血UMAチュパカブラを取りあげる。

文=羽仁 礼

家畜の血を吸う謎の怪生物の出現

 その奇妙な事件が最初に報告されたのは、1995年のこととされている。
 アメリカの自治連邦区であるプエルトリコで、ヤギが異常な殺され方をしているのが発見されたのだ。死骸には目立った外傷はなかったのだが、その体内には血液が一滴も残っていなかった。何かが、この家畜のすべての血液を吸い尽くしたものと考えられた。
 もちろん何者がヤギを襲い、このような殺し方をしたのかは、当時だれも知らなかったのだが、プエルトリコのミュージシャンにしてコメディアンでもあるシルヴェリオ・ペレスは、現地語のスペイン語でこの犯人を「(エル)チュパカブラス」と命名した。「チュパカブラス」とは、「(複数の)ヤギの(血を)吸うもの」という意味で、男性単数形の名詞につく「エル」という定冠詞が示すとおり、本来は単数形だった。しかし英語圏に紹介されると、最後の「s」が複数形と誤解されたのか、今では単数形を「チュパカブラ」と表記することが多くなっており、日本でもこの名称が広まっている。

 家畜の怪死事件はその後も頻発し、ヤギだけでなく、ウシやヒツジ、ウサギ、ニワトリ、アヒルといった家畜、さらにはイヌやネコまで襲われるようになった。犠牲となった動物の死体には目立った外傷はないが、小さな穴があり、いずれも血や体液を吸い取られて殺されていた。
 しかも、同様の家畜の被害はすぐに、ドミニカ共和国やアルゼンチン、ブラジル、ペルー、アメリカ南部やメキシコといった周辺地域にまで広まり、ついにはロシアや中国からも似たような事例が報告されるようになった。

画像3

8頭のヒツジが虐殺され、その状況を説明するプエルトリコの住人。異常な惨殺事件は1995年から頻発するようになった。

画像2

殺されたヤギの死骸。首筋の傷以外に目立った外傷はない。チュパカブラのとがった舌によるものか?


複数の目撃証言に共通する無気味な姿

 事件が多発するに伴い、チュパカブラらしき生物を目撃したと証言する者も大勢現れた。
 最初の目撃者は、プエルトリコの主都サンファン南東に位置するカノヴァナス村に住むマデリーネ・トレンティーノという女性で、1995年8月のことであった。このときトレンティーノが目撃した生物は、体長90センチから1.2メートルほど。二本脚で歩き、こめかみにまで達する大きな目と、細い腕と脚を持っていた。耳や鼻はなく、背中にトゲのようなものが並んでいたという。

画像1

プエルトリコでの目撃報告をもとに描かれたチュパカブラのスケッチ。ばらつきはあるものの、多くの証言で赤い目、鋭いかぎ爪、背中トゲがあるといわれている。

 多くのUMAの目撃報告に違わず、チュパカブラの描写についても細かい部分でばらつきがあるが、幾多の目撃報告を総合すると、だいたい以下のような生物らしい。
 その身長は1メートルから1.5メートルほど、卵形の頭部に赤く細長い目を持ち、中央に鼻孔らしき小さな穴がふたつある。まっすぐに裂けた口の上下から鋭い牙が2本ずつ突きでている。舌は非常に細くて30センチもの長さがあり、アイスピックのように先がとがっているとも、先がヘビのようにふたつに分かれているともいう。四肢にはかぎ爪のついた3本の指があり、後肢で立ちあがってカンガルーのように飛び跳ねたり、猛スピードで走ったりする。ジャンプ力については、6メートルも飛び跳ねたという証言もある。皮膚は皮あるいは鱗のようで、全身に黒い固そうな体毛が密生しているが、この体毛は周囲の環境によってカメレオンのように色が変わるともいわれている。何よりも特徴的なのは、背骨に沿って首から尾のつけ根部分まで何本ものトゲ状のものが並んで突きだしていることである。
 また、警戒したときにはシューというような甲高い音を発するとか、硫黄のような嫌な臭いを残すともいわれ、一部には背中に翼があり、空を飛んでいたという証言もある。

 他方、アメリカでは、これとは少し異なる種類の生物が何度も目撃されている。こちらは通常四つ脚で歩行し、多くの場合毛がなく、脊髄の隆起が飛び出し、異常に眼窩が深く鋭い牙と爪を持つ。このタイプは体色が青っぽく見えることから「ブルードッグ」と呼ばれることもあるが、やはり獲物を襲ってその血を吸うといわれている。

画像4

チュパカブラを目撃した警官の証言をもとに描かれたスケッチ。舌は伸縮自在なアイスピックのようで、血液や体液を吸う器官だと思われる。


怪物の正体はコヨーテやイヌアルマジロか?

 では、このチュパカブラの正体は何なのだろう。
 じつはブルードッグ・タイプについては、何度か死体が回収されており、DNA鑑定が行われたこともある。
 たとえば2004年8月、アメリカ・テキサス州サンアントニオのエルメンドルフで、周辺地域で家畜を襲っていた、「エルメンドルフの野獣」と呼ばれる動物が射殺されたことがある。さらに2006年8月には、メイン州で齧歯類とイヌ科の中間のような生物の死体が発見された。
 この2件については、いずれもDNA検査が行われた。その結果、エルメンドルフの野獣は皮膚病で毛の抜けたコヨーテ、メイン州のものはイヌとオオカミの雑種と判明した。ほかにもブルードッグの死体が確認された例はいくつかあるが、いずれもコヨーテやイヌ、あるいはオオカミとイヌやコヨーテとの雑種と判明している。
 こうした実例もあってか、正統派の動物学者たちは、チュパカブラは一種の都市伝説か、皮膚病にかかったイヌやコヨーテなど、既知の他の動物を誤認したものだと考えているようだ。

画像5

テキサス州に出没していた「エルメンドルフの野獣」。その正体は重度の皮膚病によって体毛の抜けたコヨーテだった(写真=YouTubeより)。

 こうした懐疑的な動物学者たちは、獲物の血が吸われているように見えるのも、単に死体から血が流れていないためそう思えただけであり、外傷はなくても内出血などで死亡する場合があると述べている。
 捕食された形跡がないのも、捕食者が何らかの病気や怪我で弱っていて、獲物を殺したものの食べることができなかったためだとする。

 また2019年には、倒れた子牛の内臓をすすっているアルマジロの姿がネットで公開され、チュパカブラの正体はアルマジロではないかと話題を呼んだこともある。確かにアルマジロは長い舌や鋭いかぎ爪を持ち、皮膚が鱗のようだったという証言にも合致するから、一部の目撃報告がアルマジロを誤認したという可能性は否定できないかもしれない。

 背中にトゲ状のものが並ぶという証言についてはどうだろう。
 この点に関しては、最初に事件が報告された1995年公開の映画『スピーシーズ 種の起源』の影響があるのではないかという指摘がある。
 この作品は、宇宙から送られてきたDNA情報と人間のDNAを結合させた結果、「シル」と呼ばれる新たな生命体が誕生し、交尾した人間の男性を次々に殺していくというストーリーだが、このシルの背中には、チュパカブラと似たようなトゲが並んでいる。この映画は続編がいくつも作られるほど評判になり、最初の目撃者であるトレンティーノもこの映画を見ていたらしい。

画像6

民家の駐車場で目撃されたチュパカブラのスケッチ。体長は90〜120センチほどで、フェンスを跳び越えて逃げたという。

画像7

アメリカ・ネブラスカ州の廃墟となった米軍施設内で発見されたミイラ。チュパカブラの死体なのだろうか?


人造生物か、エイリアン・アニマルか?

 他方、チュパカブラは何らかの機関が遺伝子操作によって生み出した人造生物だとする陰謀論もある。
 たとえば1995年10月には、最初にチュパカブラらしき生物が目撃されたカノヴァナス村の農場のフェンスに付着した血液が発見され、DNA分析にかけられたことがあるが、分析の結果は、既知のいかなる生物とも合致しなかったという。

 さらに2001年5月には、チリのヴィラ・サン・ラファエル村でチュパカブラらしき生物が目撃されたとの報告を受け、「カマラUFOセンター」代表ハイメ・フェレイラらが現場に向かう途中で、黒ずくめのふたりの男が奇妙な生物を捕まえ、連れ去る光景を目撃したという。黒ずくめの男というと、有名なMIBを思わせるが、彼らは秘密を守るためにこの生物を連れ去ったということなのかもしれない。

 またチュパカブラとUFOとの関係を指摘し、チュパカブラは宇宙からUFOでやってきたエイリアン・アニマルだとの説も唱えられている。
 プエルトリコのエル・ユンケ山では1984年2月にUFO墜落事件が発生しており、この墜落事件とチュパカブラを関連づける説もあり、UFO目撃があると翌日に家畜が殺されているという証言や、UFO内にチュパカブラが吸い込まれていくのを目撃したという報告もある。

画像8

インターネットで公開されたチュパカブラの写真。詳細は不明だが、多くの目撃証言に近い姿をしている。

 さらには、チュパカブラは昔から地球のどこかに隠れ住んでいたのだが、1995年になってその活動が認知されたのだという可能性も考えられる。
 たとえばフィリピンでは、古くから「シグビン」と呼ばれる謎の生物について語り継がれている。シグビンの形態はヤギやカンガルーに似ているというが、夜間出没して獲物の血を吸うとか、長い牙と赤い目を持つ、いやな臭いを放つなど、チュパカブラと似た特徴を持っている。

 またプエルトリコでは、1975年にも多くの動物が皮膚に奇妙な孔を開けられ、完全に血を抜かれて死ぬという事件が発生している。このときは島の西部の町モカの周辺で頻発したため、犯人は「モカの吸血鬼」と呼ばれた。もちろんこの謎の吸血鬼の正体は判明していない。
 チュパカブラを思わせる生き物の活動は、じつは名称が定まる1995年以前から報告されていたのだ。

(月刊ムー2020年5月号掲載)

関連記事


★「ムー」本誌の特集やオリジナル記事が読めるウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)の購読はこちらから。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

ともに深淵へ。
24
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ちょっとムーでも読んでいきなよ
ちょっとムーでも読んでいきなよ
  • 221本

ムー公式ウェブ「ムーPLUS」の中から、比較的まったり読めそうな記事(個人差あります)や連載記事の一部をまとめました。 ムー初心者の方、息抜きしたい方はこちらをどうぞ。 *一部、有料マガジン「ムーCLUB」向けの記事をこちらに移しています。購読者様は広い心でムー民、ムーCLUBメンバーの拡大を歓迎してください*