見出し画像

ホ・ホ・ホ〜タル怪… 夏の夜の幻想、蛍奇談/黒史郎・妖怪補遺々々

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」!
最近では見る機会も減ってしまった夏の風物詩、蛍にまつわる怪異を補遺々々します。

文・絵=黒史郎

蛍の光に誘われて

 夜にたゆたうホタルの光群は、私たちを現世から引き離し、隠り世へといざなうかのような夢幻の光景です。闇の中を静かに燃える鬼火狐火などの陰火といわれるもの、幽微に光り漂う人の魂魄、ホタルはこういったものと間違えられることもあれば、次の話のようなケースもあります。

 戦時中のことです。当時、小学生だったある女性は、自宅付近の小川へ兄とふたりでホタル捕りにいきました。
 すると岸辺で大きなホタルを目撃します。
 野球ボールほどで、青白いような赤みがかった光を発し、低い高さを漂ように飛んでいました。これは本当にホタルなのだろうかと怪しんで箒で叩こうとしますが、これがなかなか当たらない。
 兄妹をからかうように桑畑の中を低くゆっくり飛んでいくので、ふたりは箒を振りまわして追いかけます。
 どれだけ追いかけっこをしたのか、兄妹が疲れてきたころ、この怪しいホタルは陽雲寺の境内へと飛び去ってしまいました。
 家に帰ってこのことを話すと、「それはホタルではなく人魂だ」といわれ、兄妹で肝を冷やしたそうです。

 これは、角田義治『怪し火・ばかされ探訪』にある、群馬県甘楽郡下仁田町で採集されたお話です。ホタルと間違えて人魂を叩いてしまったなんて、面白いような、でもちょっとゾッともするお話です。

 ホタルは現世より、彼の世に近い生き物というイメージがあったのでしょうか。人魂でなくとも、ホタルというもの自体を死者と結びつけて語る俗信もあります。

この続きをみるには

この続き: 624文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
10
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。