見出し画像

縄文ビーナスから読む縄文時代の「神学」と「死後世界」/斎藤守弘・極孔神仮説

前衛科学評論家を自称し、UFOから超古代文明まで視野を広げていた故・斎藤守弘氏は、晩年に「縄文のビーナス」に着目し、古代「極孔神」信仰についての研究を重ねていた。遺稿をもとに、原始日本の精神文明を解き明かす。(前回はこちら)(前々回はこちら

文=羽仁礼(一般社団法人潜在科学研究所主任研究員、ASIOS創設会員)
編集=高橋聖貴

棚畑遺跡と「縄文神学」学習

 第1回で斎藤守弘が唱える「極孔神神学」の概要を解説し、第2回で世界には共通の「縄文記号」を用いる文化体系が存在することを論証した。
 第3回となる今回は、いよいよ縄文のビーナスの謎に迫りたい。斎藤説に基づいて、縄文のビーナスがなぜ作られ、どのように用いられたのか、その造型の意味するところは何かを、解釈していく。

 本題に入る前に、縄文のビーナス像はどういうものか、どこが特殊なのかあらためて振り返っておこう。

4 写真№12 クレジット

 縄文のビーナス像が発掘された棚畑遺跡は、八ヶ岳山麓の長野県茅野(ちの)市米沢埴原田(はいばらだ)にある。1986年(昭和61年)、この場所に工業団地が建設されることになり、緊急発掘調査を行ったところ、縄文時代中期から後期前半(約5000年前~4000年前)にかけての住居跡149か所が発見された。ただしその住居跡の大部分は縄文時代中期に属する。
 集落の構造は、大きな円形広場を中央にし、その周りに環状または馬蹄状に住居群を配する、いわゆる環状集落が南北2か所に設けられている。そして縄文のビーナス像は1986年9月、南側にある環状集落の中央広場に掘られた500号土墳の西側の穴から、ほぼ完全な形で出土した。高さは27cm、重さ2.14kgである。
 つまり縄文のビーナスは、集落の中心部で、土墳に埋葬された誰かの方を向くような形で横向きに穴に収められていたのだ。しかも、縄文時代の他の土偶の大部分が意図的に破壊されているのに対し、完全な状態で、埋葬でもするかのように丁寧に埋められていた。

棚畑遺跡発掘調査団 1990 『棚畑』茅野市教育委員会より

棚畑遺跡発掘調査団 1990 『棚畑』茅野市教育委員会より。

棚畑遺跡発掘調査団 1990 『棚畑』茅野市教育委員会 斎藤守弘はこの土偶が「極孔神」を具象化したものであるという仮説や、この発掘の状況から、この500号土墳に埋葬された人物は、縄文ビーナスの祭祀を行う最高位の巫女であり、その死とともに、土偶も副葬品として副葬されたのではないかと推測する。
 斎藤によれば棚畑の地は、縄文時代における「縄文神学」学習のひとつの中心地であり、最高位の巫女を中心に巫女候補生たちに「縄文神学」を教授する一種の教育の場があったのだという。
 実際棚畑集落にある住居跡のひとつは、直径8~12メートルと、通常の住居の倍ほどもある大型竪穴住居であり、斎藤守弘はこの大型住居で、中心に置かれたビーナス像を見ながら、日本各地から集まった若い巫女候補生たちが車座になって「縄文神学」を学んでいたのではないかとする。
 つまり大型住居はそのための教室で、生徒たちはまわりの竪穴住居に寄宿し、毎日の祭事を履修し、日常の雑事をこなしながら、一日何時間か教室に集まり、極孔神大祭司の巫女から、その神学理論やその祭祀法、実践法を学ぶのである。
 この場所の存在はかなり遠方にも知られていたようで、教師と思われる土壙墓(どこうぼ、土中に竪穴を掘り、遺骸を布などで包んで直接埋める埋葬様式)からは、琉狛の飾り玉や翡翠のペンダントなど、遠方で産出しない物品も出土している。

造形が物語る「縄文のビーナス」の役割

この続きをみるには

この続き: 2,986文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ムーCLUBの記事の4月分まとめです。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)で配信された有料記事の4月分セットです。

または、記事単体で購入する

縄文ビーナスから読む縄文時代の「神学」と「死後世界」/斎藤守弘・極孔神仮説

ムーPLUS

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいんですか! ありがとうございます。
10
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

この記事が入っているマガジン

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。