見出し画像

シャロン・テート殺人事件と悪魔が遺した「9」の暗合/大塚寅彦

1960年代アメリカを震撼させた無気味な殺人事件。
その背景には「9」という数字をめぐる奇妙な符号と、ちりばめられた「暗合」が隠されていた。アメリカ文化が抱えた「光と闇」を考察する――。

文=大塚寅彦

カルトが引きおこした凄惨な女優殺害事件

 2019年公開の映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』1969年にハリウッド女優シャロン・テートが、カルト集団チャールズ・マンソンの「ファミリー」に殺害された事件を背景に、ハリウッド映画界を描いた作品だ。クエンティン・タランティーノが監督し、レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピットらが出演している。

 これまでにもたびたび映画化されてきた事件ではあるが、改めて探れば探るほどに「暗合」(意味ありげな偶然の一致)ともいえることがらがいろいろ浮きあがってくる事件であり、60年代、ヒッピー文化の負の側面の象徴ともされ、近年ますます「神話化」された感もある。

 まず事件の概略をおさらいしておくと、2017年秋に獄中死したチャールズ・マンソンという教祖めいた男のもとに集まった「ファミリー」と称する男女が、1969年の8月9日に、映画監督ロマン・ポランスキーの邸宅に侵入し、身重だった妻で女優のシャロン・テートをめった刺しにして殺害、たまたまホームパーティで訪問していた3人と通りがかりで巻き込まれたひとりも殺害した、という事件だ。

 ここで筆者の長年の誤解を書いておくと、この事件はてっきりポランスキーが事件直前に監督した『ローズマリーの赤ちゃん』という有名なオカルト映画に触発された「悪魔教」のカルト集団によるものだと思っていたことだ。
 しかし、マンソンは「人違い」でテート事件を起こしており、映画はまったく動機になかった。前にその邸宅に住んでいた音楽プロデューサーのテリー・メルチャーを狙っていたのだ。メルチャーは歌手ドリス・ディの息子だが、ドリス・ディも事件に影を落とすビートルズの曲「ディグ・イット」の歌詞に登場するなど無縁ではないアーティストだ。

画像3

「ファミリー」を率いて異常な集団生活を行なっていたカルト指導者、チャールズ・マンソン。数々の事件により有罪となり、2017年服役中に死亡している。

事件に浮かびあがる「暗合」の数々

 無関係にもかかわらず『ローズマリーの赤ちゃん』を観なおすとさまざまな暗合があって慄然とする。

 まずはストーリー。「ダコタ・ハウス」というニューヨークの由緒ある高級マンション(1884年竣工)を思わせる部屋に引っ越してきた若い夫妻の妻ローズマリーが懐妊するが、身重になるにつれていろいろと不可解な事象に見舞われ、最後には夫も含め周囲の人物がすべて「悪魔教の信者」と化していて、出産したのは悪魔の子供であると知る物語だ。
 マンソンの手下らは妊娠8か月のシャロンがいることは知らずに邸宅に入り込んでいる。いやそもそも犯行対象としてポランスキーを意識してないのだから映画も関係なく、つまりまったくの暗合である。
 そして映画を観なおす中で一番慄然としたのは身重になったローズマリーが子供の名前の候補を呟く場面だ。

「男ならアンディ、女ならスーザン……!」
 この「スーザン」という名前は作中に2度現われている。

 そしてテート事件実行犯の主犯格の女こそ「スーザン・アトキンス」なのである。被害者の夫が直前に撮った映画、その生まれてくる悪魔の者と同じ名前だとは……。

 ところで、映画でローズマリーを演じたのはミア・ファローだが、彼女の妹も女優である。「プルーデンス・ファロー」というその名を聞くと「え?」と、テート事件におけるビートルズとの暗合を知っている人なら思うはずだ。

 そう、マンソンらが事件を起こした背景には、ビートルズの「ホワイト・アルバム」の諸曲に対する独自の解釈があったとされている。

 中でも有名なのは「ヘルター・スケルター」が一種のハルマゲドン的な最終戦争の予言(教唆?)とされ、「レヴォリューション9」は「ヨハネ黙示録」の9章と結びつけられており、「4人の使徒」(マンソンはそれをビートルズになぞらえる)によって人類の3分の1が滅ぶ災厄が訪れるとする。

「…第一のわざわいは、過ぎ去った。見よ、この後、なお二つのわざわいが来る。第六の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、一つの声が、神のみまえにある金の祭壇の四つの角から出て、ラッパを持っている第六の御使にこう呼びかけるのを、わたしは聞いた。〈大ユウフラテ川のほとりにつながれている四人の御使を、解いてやれ〉。すると、その時、その日、その月、その年に備えておかれた四人の御使が、人間の三分の一を殺すために、解き放たれた」

 ちなみに事件で邸宅に押し入ったファミリーのメンバーも4人であり、「俺は悪魔だ。悪魔の業をしにきたのだ」と口走ったという話もある。

画像2

黙示録の4人の騎士、あるいは4人の使徒。戦争、飢饉、疫病などを象徴する存在であり、人類を殺戮する権利が与えられているともいわれる。黙示録はマンソン率いるカルト集団に多大な思想的影響を及ぼした。

事件現場の建物にも怪異譚があった

 そして「ホワイト・アルバム」の中に「ディア・プルーデンス」という曲がある。ジョン・レノンの曲だが、インドに行ったとき瞑想室に籠って出てこない「親愛なる」プルーデンス嬢(prudence=慎重さ)に晴天だから出ておいでと呼びかけるという内容だ。籠もっている存在に出ておいでというのは、そのまま母親と胎児の関係を思わせる。

この続きをみるには

この続き: 1,594文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。毎月30~40本投稿あり。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

あやしいもんじゃないよ👁
13
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。