妖怪補遺々々カフカ護る家

生きては出られぬ家を作る「七つのカフカ」という方法/黒史郎・妖怪補遺々々

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」! 連載第64回は、新年のめでたさからかけ離れた、だれでも作ることができる「生きては出られない家」を補遺々々します。

*旧サイトで掲載していた記事は徐々に再録していきます。

文=黒史郎

命を取る建物

 入ったら生きては出られない、そんな怖い建物があります。
 危険なトラップが仕掛けられているわけでもなく、怪物や無慈悲な番人が待ちうけているわけでもありません。建物自体が危険なのです。

 そして、この殺人建物はだれにでも建てることができてしまいます。
それは高蔵(たかくら)という、稲・麦・粟といった五穀を保存するための蔵です。丸太4本を柱とし、地面よりの1尺ほどの位置に丈夫な貫を渡して7、8尺の高さに床を取りつけ、四方の庇が4尺ほど出るように作られています。

 書くと簡単な造りのようですが、これがなかなか丈夫で、軒端にどんなに重い物を置いても壊れませんし、台風の中でも少々動く程度で倒れることもありません。火事になっても下の貫木を抜き取って、そこに綱をつけて引けば簡単に倒れるので被害を小さくすることもできるという大変優れた構造です。
 なによりこの高蔵、食糧の貯蔵に最適なのです。
「大嶹漫筆」によれば「干物・肴(さかな)など格護すれば虫付き或は腐ると云事なし」とあり、防虫・防腐にも優れていることがわかります。東瓜(冬瓜)、南瓜などを入れてもよく保ち、丸太の柱はよく削られているので最大の害獣ネズミも昇ることができません。

 大切な食料を守りたい……そんな人々の強い想いと知恵で生み出されたこの高蔵、なかには、あまりに「守る力」が強力すぎて危険なものもあります。
 どんなによくできた蔵も外敵の侵入を完全に防ぎきるのは難しいことです。
 しかし、ある工程で作られた高蔵は、スズメやネズミなどが侵入しても、貯蔵物はひと口も食べられることがありません。それどころか、スズメもネズミも蔵の中で干からびたミイラ状態で死んでしまいます。
 死ぬのは小動物だけではありません。この蔵に入り込んだものは、人間でさえも命を失うことがあるのです。

完璧は危険

この続きをみるには

この続き:811文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載しにくいコンテンツを揃えていきます。ここで読んだ情報は、秘密結社のメンバーである皆様の胸に秘めておいてください……。

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマ...

いいんですか? ありがとうございます。
5
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信。