並木フォーティアンパスカグーラtop

異星人遭遇者が45年ぶりに記した事実とは? 「パスカグーラ事件」の真実/並木伸一郎・フォーティアンFILE

UFO、UMA、心霊現象――。今日までに世界各地で起きた超常事件の数々。事件はなぜ起こるのか? はたして現在はどうなっているのか?
不可思議な事件の数々を、超常現象研究家・並木伸一郎がに鋭く切り込む。
今回は1973年にアメリカのミシシッピー州で起きた、恐怖のアブダクション・ケース、「パスカグーラ事件」を改めて検証する。

ふたりの男がエイリアンに誘拐された!!

 1973年10月11日、アメリカ、ミシシッピー州にある小さな田舎町、パスカグーラで世界を震撼させる事件が起きた。
 同日の午後10時過ぎ、造船所で働くチャールズ・E・ヒクソン(当時45歳)とカルヴィン・R・パーカー・ジュニア(当時18歳)が、川岸で夜釣りを楽しんでいたときのことだ。チャールズが釣り針に餌をつけようとしたとき、唐突にヒューッという音が聞こえてきた。怪訝に思い空を見上げると、高さ約2.4メートル、幅3メートルほどの、青みがかった灰色の発光体=UFOが浮かんでいた。

画像1

ふたりがUFO内部に連行されていくところのイメージ。

 UFOはみるみるうちに降下すると、ふたりに接近。地上から約60センチの位置で浮遊しはじめた。
 驚きのあまりチャールズが硬直していると、いつの間にか3体のエイリアンと思しき謎の生物が目の前にいた。身長約1.5メートル。肌は青白く、全身がゾウの皮膚のようにシワだらけだった。頭部には弾丸のように尖った突起があり、顔の部分には細く真横に裂け目たような形をした目と、尖った小さな鼻の下に口らしき穴がひとつ空いている。手はカニのハサミのような形をしていた。
 動きはぎこちなく、ロボットのようにも見える。少なくとも人間ではないのは明らかだ。その無気味な存在が、突如ふたりのもとに幽霊のようにスーッと近づいてきたのである。
 “彼ら”が触れたのが原因だろうか? カルヴィンはすぐに気を失ってしまう。一方のチャールズは意識を残したまま、2体の生物にふわふわと持ち上げられ、目の前の発光体の中に連れ込まれた。発光体の中は照明器具が見当たらないにもかかわらず明るかったという。
 そして、なんと直径25センチほどの巨大な目玉のような物体が現れ、チャールズの体の隅々を調べはじめたのだ。
 このとき、チャールズは何度も体をひっくりかえされているが、逆らおうにも身動きがまったくとれず、宙に浮いたような状態だった。時間にして約20分。ふと気づくと、いつの間にかもとの川岸に戻っていた。

画像2

事件当時、カルヴィンとチャールズの証言をもとに描かれたUFOとエイリアンのスケッチ。

 ふたりはすぐに保安事務所に駆け込み、事件の詳細を話した。あまりにも荒唐無稽な話に保安官はなかなか信じようとはしなかったが、このときの彼らの会話を記録したテープに残っている音声は、ウソをついている人間のそれとは明らかに異なっていた。
 事件後、カルヴィンは事件を大げさに広めないようチャールズに懇願したという。だが、チャールズは事件当夜の出来事を赤裸々に語り、ふたりの体験は世界中に知られることとなった。多くの専門家たちが調査に乗り出した最中、騒ぎを嫌ったカルヴィンは町を離れた。
 以来、カルヴィンが事件について口を開くことはなかった。

画像3

事件当時のカルヴィン・パーカー(右)とチャールズ・ヒクソン(左)。

事件発生から45年今語られる驚くべき真相

この続きをみるには

この続き: 2,851文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ムーCLUBの記事の3月分まとめです。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」(月額900円)で配信された有料記事の3月分セットです。

または、記事単体で購入する

異星人遭遇者が45年ぶりに記した事実とは? 「パスカグーラ事件」の真実/並木伸一郎・フォーティアンFILE

ムーPLUS

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネットの海からあなたの端末へ「ムー」をお届け。フォローやマガジン購読、サポートで、より深い”ムー民”体験を!

いいことありますよ!
7
スーパーミステリー・マガジン「ムー」の公式サイトです。 ウェブマガジン「ムーCLUB」にて極秘情報を配信中。 本誌記事のほかウェブオリジナル企画にて、世界の謎と不思議をご案内します。

こちらでもピックアップされています

ウェブマガジン ムーCLUB
ウェブマガジン ムーCLUB
  • ¥900 / 月

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投稿あり。一部記事は全文公開します。